勉強のやる気がでない時!やる気スイッチを押してくれる言葉&音楽!

勉強 やるき

小中学生の受験勉強であれば、お父さんやお母さんの管理下で「やらされている感」が強くなることがあります。

小中学生であればモチベーションが下がったとしてもレールの上に乗せられて何とかやりぬくことも出来ます。

しかし、大学受験となると流石に本人主体100%の受験です。しかも浪人生であればなおさらのことです。

大人であっても強い意志がなければ続かないことは多々あります。

勉強しなければ成績が落ちるのはご存知のはずです。

競争中なのだということも承知しているはずです。

さらには浪人生であれば一度失敗しているので、これが最後のチャンスと覚悟もしているはずです。

それでも、やる気がでないときはあります。

受験生が勉強に対してやる気がでないときの対処法は無いだろうかと調べてみました。

勉強のやる気を取り戻す!名言集5選

勉強 やるき

歳をとっていくと、歴史上の人物の生き様が気になるものです。

おじいちゃんが時代劇にはまるのは、そういう流れからきているのかもしれません。

まずは、歴史上の人物の名言から、やる気の無いときに刺激を与えてくれるものをご紹介します。

「過ちを改めざる、これを過ちという」・・・孔子

孔子は中国の思想家です。孔子と弟子たちの語録は「論語」という本にまとめられました。儒家の始祖です。言葉の通り「間違えるのは当然のこと。本当の間違いは、間違えたことを放置してしまうことだ」ということ。復習が最も大切だということです。

「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ1つの道だ」・・・イチロー

次にスポーツ選手から。やはり努力の人といえば、この人です。

練習の鬼であるイチローの名言です。グダグダしている暇があるのなら、計算練習や単語暗記などの小さい努力を繰り返しましょう。受験勉強に近道はありません。着実に、丁寧に、地道な道を進むだけです。

「量より質が重要だ。2本の二塁打より、1本のホームランのほうがずっといい」・・・スティーブ・ジョブズ

そして現代人の言葉からの名言です。

原文はQuality is more important than quantity, One homerun is much better than two doubles. 無駄なことが大嫌いだったジョブズらしい言葉です。いくら時間をかけても、集中していなければ意味がありません。質とは受験の場合は、結果を指します。つまり模擬試験やクラス内テストでの結果です。

「入試のプレッシャーに負けない自信。明確な根拠のある自信。それを得るためには、ひたすら勉強するしかないのだ」・・・桜木健二(ドラゴン桜主人公)

ドラマからの名言を探しました。

やはり受験ドラマといえば、ドラゴン桜が良いでしょう。
本来はマンガではありますが、阿部寛さんの声で聞くとやる気アップ間違いありません。

根拠の無い自信こそ、受験における最大の敵です。

なんとかなるのであれば、その成績・結果にはなりません。

やるだけやったと勘違いする人は、模擬試験などの途中結果を無視し、反省することさえできていない人です。

「あきらめたら、そこで試合終了だよ」・・・スラムダンクの安西先生

そして最後にマンガから。受験は根性論ですので、スポ根ものからの言葉が、やはり一番しっくり来ます。

芸能人の間でも人気のスラムダンクです。
天才といわれる人たちは、どの世界にも必ずいます。
程度の違いこそあれ、あなたの周りにも必ずいます。
そういう人たちと一緒になったときに、あなたは何を思うのか、ということです。
食いついていくのか、無理だとあきらめるのか。やる気が出ない極悪な環境であっても、もがくことができるのか。

渦中のあなたは苦しさに押しつぶされそうになっているかもしれません。
現実逃避したくなっていることもわかります。でも、やるしかないのです。誰かにやってもらうわけにはいかないのです。

勉強のやる気がアップすると口コミで話題の音楽

勉強 やるき

音楽を聴くことの長所とは何でしょうか。導入には効果を発揮するという研究結果もあり、企業の中には仕事中に音楽を流すオフィスも増えてきているそうです。

医療界でも手術中に音楽を流しているところが増えてきています。

これらは「リラックス」を狙ったもので、「やる気」「エネルギー」につなげる効果が期待できます。

集中してくると音楽は耳に入ってこなくなります。

ノイズキャンセリング機能のついたカナル型イヤホンを使えば騒がしいカフェのようなところでも勉強しやすくなります。

音楽を聴きながら勉強するデメリットは、気が散ることです。

このため歌入りの音楽は避けるべきだとも言われます。

暗記物をしているときは、音楽は邪魔になることが多いです。

また、入試本番には音楽は存在しない環境ですので、それを考えれば静かなところで集中できる力を身につけていくことは必須であるということです。

それらを考慮したうえで、勉強するときに「やる気」をうながし、勉強に対する「エネルギー」を充填してくれる音楽をご紹介します。

まずは導入用の「元気がでる音楽」から。

阿部真央・・・Believe in yourself
WANIMA・・・これだけは
BUMP OF CHICKEN・・・GO
Dream Ami・・・トライ・エヴリシング
三浦大知・・・Anchor
Mr.Children・・・HANABI

まとめ

勉強 やるき

やる気が出ないときの克服方法は、人それぞれです。

この方法を早めに確実に知っておくことが、最も重要なことです。

スランプは誰にでも必ず起こります。

それを乗り越えるには、あなた自身が努力するしかありません。

がんばってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です