みんな実はこっそり飲んでいる美肌サプリの人気の秘密を紐解きます

美肌 サプリ 人気

若い頃は何も気にしなかった肌対策。

外でのスポーツも、真夏のビーチも思いっきり楽しんだ。

シャワーの水をコロコロ弾いていた肌。

プルンプルンのホッペは、自分で触っていても気持ちがよかった。

若さって、それだけで強い武器なんだと、歳を重ねてきて実感します。

気が付くと、顔や手にシミが目立つようになってきた最近。

子供が小さいころは、自分のことなど後回しだったから手入れなど何もしていなかった。

子供が少し大きくなって手がかからなくなった頃にようやく自分のための時間ができるようになり、少しは肌の手入れに時間をかけられるようになった。

美容整形をするなんてことは、全く考えていない。

でも、いつまでも綺麗でいたい。

美魔女まで目指さなくても、少しだけ若い肌を維持できないかしら。

以前「美肌サプリ」を試したけれど、長続きをしなかった。何か良いサプリはないかしら。

そんなあなたのために、今回は人気の美肌サプリなどについて、調べてみました。

自分だけの秘密にしたかった美肌サプリランキング

美肌 サプリ 人気

美肌サプリといっても、目的別に様々に区分できます。

「シミや美肌ケア」
「ニキビや吹き出物ケア」
「肌のたるみケア」
「乾燥肌のケア」
「肌のハリや艶のケア」
などなど。

まずは目的をはっきりさせましょう。

そして、その目的に効果が期待できる成分を多く含むサプリを探せばよいわけです。

高須クリニックの高須克弥院長は「サプリについては、全く飲まないよりマシ程度の感覚でいるべき」とおっしゃっています。

ビタミン剤などに対しての考え方と同じです。

本来、食事に気をつけていれば美肌は維持できるはずなのですが、忙しい毎日では必ずしも必要成分が摂取できるとは限りません。

そこで不足がちの成分をサプリで補おうという考えです。

ただし即効性は期待できません。

大量に摂取しようとしても、胃酸で分解されてしまうのがほとんどです。

ヒアルロン酸にしてもコラーゲンにしても、いったん体内で分解されたものが全身に巡って再構成され再びヒアルロン酸になる確率はわかっていないそうです。

良く目にする「翌朝にはお肌プルンプルン」ということは、実は科学的にはありえないとのことでした。

即効性を期待するのであれば、美容整形医院にいって注射でということなんでしょうけれど、ちょっとそれは、という方が大多数と思います。

それならば、気休めかもしれないけれど「ビタミン剤を摂取するのと同じ感覚で、長く続ける」というほうが気楽です。

そうなると、お値段も「そこそこ」である必要があります。

調べてみると40代の女性に人気のサプリがいくつかあることがわかりました。

  1. 「フィッシュコラーゲン粉末100%」
  2. 魚由来のコラーゲンなので安心です。

  3. 「デイアナチュラプラセンタxコラーゲン」
  4. プラセンタにコラーゲンという美肌に最強の組み合わせです。

  5. 「1ケ月たっぷりうるおうプラセンタCゼリー」
  6. ドラッグストアで気軽に購入できるのが強みです。

半年ぐらい継続して試してみることをオススメします。

みんなにとられる前にゲットしたい最新美肌サプリのおすすめは?

美肌 サプリ 人気

サプリは薬ではありません。

食品に分類されます。

本来食事から摂取すべき栄養成分などが、偏った食事で摂取できていなかったり、ストレスや喫煙などで破壊されてしまうことで必要な量が欠乏することから、補う目的で摂取するというのがサプリの考えです。

このため、即効性がないということです。

飲み続けるためには金額的にも摂取方法も長続きできそうなものがベスト。

高いものやマズイものは長続きしないはずです。

また、目的に合わせた成分を摂取しないと最悪の場合、体調を崩してしまうこともあります。

いわゆる「美肌」のために摂取したほうが良い栄養成分は「ビタミンC」です。

メラニン色素の沈着を防ぎ、コラーゲンの合成に必要不可欠な成分です。

ビタミンCは腸で吸収できる量に上限があります。

中高年になると一日200mgの摂取が推奨されています。

少量を1日に2から3回に分けて摂取することが基本です。

「シミやくすみ」の対策としては、ビタミンCと「トラネキサム酸」の同時摂取がより効果的です。

トラネキサム酸を内服することで4から8週間後にはシミなどの着色を軽減させることがわかっています。

この作用は内服を中止してしまうと8週間後には元の状態に戻ります。継続が重要です。

この2つの成分を多く含み、最新美肌サプリのオススメとしては

「POLA ホワイトショット インナーロック タブレット」
「ミスミ制約ホワイトルマン」
「資生堂ピュアホワイト」
「POLA りぽタイプC」
「ZERO PLUS ホワイトヴェール」

などがオススメです。

まとめ

美肌 サプリ 人気

医薬品であれば高価になりますが「トランシーノⅡPTP」という商品もあります。

2ケ月分で6300円ですから、お気軽というわけではありません。

それでも第1類医薬品になっている「8週間で肝斑への改善効果データが出ている商品」です。

こういう選択肢の幅があるのが、美容関連商品です。

医食同源という言葉からしてわかるように、まずは食生活や質の高い睡眠などを見直すことからはじめては如何でしょうか。

ストレスなどで破壊されるビタミンなどですから、ストレス発散の方法を見つけて実行することでも美肌効果は期待できるはずです。

冬はビタミンCが豊富な果物や野菜が手に入ります。

みかんや白菜、小松菜などです。

トラネキサム酸は人工合成されたアミノ酸なので、食品の中に含まれたものはありません。

アミノ酸なので良質のタンパク質を摂取することで代用できているはずです。

タンパク質にはコラーゲンやヒアルロン酸が含まれています。

それでも不足していると感じるのであれば、まず目的をはっきりさせてみましょう。

肌の艶がなくなったのが一番問題なのか、それともシミが気になり始めたのか。

それをもとに、薬剤師さんに相談してみるのがオススメです。

サプリといっても、薬との組み合わせで効果が半減することがあります。

例えば魚の脂肪に多く含まれてコレステロールの低下などが期待できるDHAは、糖尿病治療薬と一緒に飲んではいけません。

DHAは血糖値を上昇させる可能性があるからです。

糖尿病治療薬とは真逆の効果なので、互いに打ち消しあってしまうのです。

サプリは食品だからといって、闇雲に飲むのは逆効果。

まず自分に必要な成分を調べて、それを多く含むサプリを探してみましょう。

近所の薬剤師さんに相談してみましょう。

そして、「気長に・気楽に続けてみることが、もっとも大事なこと」ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です