はちみつレモンCのど飴マヌカハニー使用はとっても美味しくのどに良い!

冬の乾燥が厳しい季節になってきました。

こういう時期のどを痛めやすく、のど飴が欲しくなりますよね。

けどあまり苦いものや食べにくいものを一日に何度も口にするのも苦手。
どうせなら美味しいものを食べてのどを守れた方が気持ちもおなかもお得ですよね。

今日はそんな人のための新作お菓子をご紹介します。

健康食品マヌカハニーを使用!さらに1粒レモン一個分のビタミンC!!


マヌカハニーはニュージーランドに自生するマヌカという木の花から採れる蜜で高い抗菌活性力を持っています。

腸内の悪玉菌の活動を抑制、殺菌し腸内環境を整える効果があります。

また抗生物質が効かなかった胃腸の疾患をマヌカハニーで治療できたといわれています。

地元では昔から薬として用いられてきた食材なのだそうです。

そんな今注目の健康食品マヌカハニーが使用されており、さらにレモン一個分のビタミンCまで配合されているのど飴、そしてはちみつレモン味でたべやすそう、これは買うしかないと確信し、私はその商品を手に取りました。

パッケージが独特で可愛い!


のど飴というとどうしても老人臭いというか純和風なあまり可愛いイメージじゃないものが多いですよね。

黒飴系だと黒が貴重な厳格な感じで、しょうがが入っていれば茶色系の和風でお爺さんが好きそうなデザインだったり、ビタミンが入っているタイプもビタミンという科学的要素を押しすぎるあまり機械的な数字が目立つパッケージであることも多いです。

しかしこの飴の袋のパッケージはそうではありませんでした。

デフォルメされたかわいらしい優しそうな花飾りをつけたくまさんが「おいしいよ」と優しくはちみつをつけた手でおいでよ食べてよと呼び掛けてくれています。

パッケージは確かに味と関係ありませんが、のど飴は仕事中や外、さまざまな場面で食べて人に見られることが多いお菓子です。

だからパッケージも可愛らしい方が他人の目に触れてもいい印象が与えられてうれしいものです。

独特の癖になる味わい、壊れにくい栄養素


味ははちみつより少し濃いめな味わいで香りも強く、はちみつとはまた違った味がする独特の味わいをしています。

ハッカのような口がスースーする感じにもならないけど、人によっては少し薬っぽいと思えるような風味があります。

個人差があるでしょうが、私はこの独特の風味に惚れてしまいました。

またマヌカハニーは熱に強く、はちみつのように栄養素が壊れません。

なので温かい飲み物を飲みながらでも食べて問題ありません。

飴を溶かして紅茶などと飲むのはあまりよろしくないらしいですが、この飴なら口の中を紅茶が通り過ぎる程度では効能がなくならないのがうれしいところです。

まとめ文

以上のようにはちみつレモンCのど飴マヌカハニー使用は健康にものどにもいい美味しいのど飴です。

乾燥が厳しいのどが荒れやすいこの季節、皆さんもぜひ、こののど飴を食べてはマヌカハニーの効能と癖になる味わいを体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です