子宮頸がん検診でクラス3b。円錐切除術をしてきましたその3|2018年in横浜

子宮けいがん

半年おきに行っていた子宮頸がんの定期検査で、とうとう

「クラス3b(偽陽性) 高度の異形成細胞がある」

が出てしまいました。

コルポ診、生検。精密検査の結果も

「HSIL(クラス3a・3b・4)=中等度異形成・高度異形成・上皮内癌と考えられる。」

だった為、要治療という事で子宮頸がんの治療が出来る大きな病院を紹介されました。

早期発見だったので円錐除去手術体験談ほぼ完治するそうですが、子宮頸がん要検査と出てから手術後の検診まで不安で検索魔と化してました。

これから子宮頸がんの治療方法である円錐除去手術を受ける人の不安が少しでも和らぐといいなと思い書いておくことにしました。

<円錐除去手術体験談 目次>

その1で書いてます

    • 検診結果
    • 精密検査の結果
    • 大きい病院へ初診の予約
    • クリニックに細胞を取りに行く
    • 大きい病院で再検査の結果
    • 手術前検査と入院の説明

その2で書いてます

    • 入院の準備
    • 入院当日・手術説明
    • 薬剤師さんがくる
    • 麻酔科の面談
    • 病院のお昼ご飯
    • 麻酔科の面談
    • 婦人科の先生の面談
    • 手術室の面談
    • 病院の夜ご飯
    • 処方された薬を飲んで就寝

<その3で書いてます(このページ)>

    • 朝一で手術
    • いよいよ手術台へ
    • 一時間後
    • さらに一時間後
    • さらにさらに一時間後
    • 点滴終わり
    • 遅めのお昼
    • 退院前の診察
    • 退院・お会計
    • 次の診察は二週間後

<円錐除去手術体験談>

朝一での手術

旦那ちゃん、8時30分までに来てくださいって言われたのに、8時前には来ました。
すごい早いね。あまりの早さにびっくりしたよ。

上半身は全て脱いでオペ着に着替えてくださいとの事。
オベ着は、後ろを紐で縛るタイプ。看護師さんが、前と後ろを間違えないでねって教えてくれました。
ご家族が来たら縛ってもらうといいと思うよって言われたので、旦那ちゃんに頼んだら「それであってるの?」って言われました。言われると思った。
これであってるんだよ。

予定通り8時50分から手術です。
旦那ちゃんに見送られて、手術室まで歩いていきます。

手術室は、まだ空いてました。一番乗りだったのかも。
寒くないですか〜ってみんな聞いてくれるんだけど、全然寒くない。

手術室はなかなか入れるところではないので、とってもキョロキョロしてしまいました。
コンタクトは不可だったので、メガネは置いてきてしまったのが残念。
メガネケース持参したら麻酔直前までメガネをしていても良かったみたいです。

いよいよ手術台へ

手術台に「狭いから気をつけてね〜」って言われながら乗りました。ギリギリ?(笑)
寝たらベッドの横から腕を乗せる台が出てきてその上に腕をのせました。
足と腕をちょっと固定しますよ〜って何かで固定されます。
左手に昨日の若い麻酔科の男の先生が点滴の針をさしてくれました。
頭の方には超かっこいい麻酔科の女の先生がおでこに何かを貼り付けたりしてます。
じゃぁ、頭をちょっとおさえますよ〜〜〜って言われて夢の中へ。

名前を呼ばれて起きたら、手術は終わってました。
ちょっと横向きになって、じゃぁベッドに移りますよってみんなでベッドに移動してくれました。
ベッドのままエレベーターで病室へ。10時頃戻りました。説明を聞き終わった旦那ちゃんが待ってました。

鼻に酸素のチューブがついていて、点滴もついてます。
一時間後にまたくるからねって、ナースコールを近くに置いて看護師さんが戻って行きました。
全然痛くはない。

一時間後

看護師さんが血圧と体温を測って、酸素と点滴を確認。
起きあがってはダメだけど、横向いたりしていいよ。
また、一時間後にくるね。って戻って行きました。
家族は帰っていいかと確認したら、いいと言われたので旦那ちゃんは帰る。
11時ごろ。

さらに一時間後

看護師さんが来て、血圧と体温を測って点滴を確認。
酸素はもういいかな〜って外してくれました。鼻がスースーしてたので助かります。
もう起き上がって、水飲んでもいいよ。って言われたけど、水届かない〜。
12時ごろ。
同部屋の人にはお昼が届くけど、私はまだなし。

さらにさらに一時間後

血圧と体温を測って、もうトイレも行ってもいいよって言われました。
ついて行くけど、大丈夫そうだね〜ってついてきてくれました。
お腹すいたな〜って思ったら、コンビニ行ってもいいよって言われた。
でも、オペギのまま。。。。点滴もあるし。
着替え手伝うよ!って言われたけど、点滴もあと一時間くらいで終わるみたいなので待つことにする。

点滴終わり

横になってたら点滴が早く終わるかな?って思って横になっていたら寝てしまっていたらしい。
腕が痛い!って起きたら、点滴が終わってだいぶ血が逆流してました。
ナースコールを押して、点滴を抜いてもらう。
パジャマも借りて着替えをしてコンビニでやっとお昼を買いに行けました。

遅めのお昼

コンビニから戻ると、「手術を受けた方へ」という紙が置いてありました。
食べながら読んでいると、ノック?もなしに看護師さんが。今日の看護師さんは豪快だな。

このあとはどうしたらいいですか?って聞いたら、あとは先生の診察があって許可が出たら退院できます。
でも、先生の診察がいつになるか〜はわからないんだよねってことでした。

退院前の診察

しょうがないので待っていると、診察に呼ばれました。
婦人科外来まで行くと、受付で先生が名前を呼んで待っててくれました。
小さくて可愛いのにさらにかわいい。

診察してもらって、出血も止まっているので退院でいいです。
次回の診察の予約をとって病棟に戻ります。
次回診察までに大量出血とか腹痛があったらその前でも連絡してくださいねって言ってくれました。
16時くらいかな。

退院・お会計

無事に退院許可が出たら、ナースステーションに声をかけて会計をお願いします。
退院の支度をして待っていたら、事務のお姉さんが来て
「お会計はできたんですけど、一階の会計窓口が17時までなんです」
って言われました。今、16時45分くらい。。。。

17時過ぎちゃうと救急外来のお会計まで行かないといけないらしいので、急いで一階でお会計を済ませました。
お会計窓口のお姉さん、ありがとう。

次の診察は二週間後

次の検診で、円錐に切り取った部分の検査結果が聞けます。
表面にがんが残っていなければ、大きな病院での治療は終了です。

<円錐除去手術体験談 まとめ>

わたしは子宮頸がんの検診を先生の指示通りに受けていた為、経過観察後早期発見できたので円錐切除術ですみました。
面倒だなと思いつつ、検診をちゃんと受けてたからだと思います。
少し間を開けて子宮頸がん検診を受けていたら、子宮を取ることになっていたかもしれません。
市区町村の無料検診は5年おきに無料券が届きますが、最低でも2年に一回は行くようにしてください。

子宮がん検診、みなさん受けてくださいね〜。

https://azukisanchi.com/2019/05/sikyuu_kensa01/

子宮頸がん検診でクラス3b。円錐切除術をしてきましたその2|2018年in横浜

子宮頸がん検診でクラス3b。円錐切除術をしてきましたその3|2018年in横浜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です