子宮頸がん検診でクラス3b。円錐切除術をしてきましたその2|2018年in横浜

子宮けいがん

半年おきに行っていた子宮頸がんの定期検査で、とうとう

「クラス3b(偽陽性) 高度の異形成細胞がある」

が出てしまいました。

コルポ診、生検。精密検査の結果も

「HSIL(クラス3a・3b・4)=中等度異形成・高度異形成・上皮内癌と考えられる。」

だった為、要治療という事で子宮頸がんの治療が出来る大きな病院を紹介されました。

早期発見だったので円錐除去手術体験談ほぼ完治するそうですが、子宮頸がん要検査と出てから手術後の検診まで不安で検索魔と化してました。

これから子宮頸がんの治療方法である円錐除去手術を受ける人の不安が少しでも和らぐといいなと思い書いておくことにしました。

<円錐除去手術体験談 目次>

その1で書いてます

    • 検診結果
    • 精密検査の結果
    • 大きい病院へ初診の予約
    • クリニックに細胞を取りに行く
    • 大きい病院で再検査の結果
    • 手術前検査と入院の説明

<その2で書いてます(このページ)>

    • 入院の準備
    • 入院当日・手術説明
    • 薬剤師さんがくる
    • 麻酔科の面談
    • お昼ご飯
    • 麻酔科の面談
    • 婦人科の先生の面談
    • 手術室の面談
    • 病院の夜ご飯
    • 処方された薬を飲んで就寝

その3で書いてます

    • 朝一で手術
    • いよいよ手術台へ
    • 一時間後
    • さらに一時間後
    • さらにさらに一時間後
    • 点滴終わり
    • 遅めのお昼
    • 退院前の診察
    • 退院・お会計
    • 次の診察は二週間後

<円錐除去手術体験談>

入院の準備

パジャマはレンタル(250円/1日)にしたので、荷物は少なめ。
病院の入院手続きに書いてある

  • 洗面用具、歯ブラシ(山切りカットはご遠慮ください)、歯磨き粉、石鹸、シャンプー、タオル、バスタオル
  • 着替え、上履きなどの転びにくい履物(サンダル、スリッパは禁止です)
  • 箸、コップ、スプーン、ティッシュペーパー
  • 「入院の案内」(本冊子)
  • 特に指定があったもの(生理用ナプキン5、6枚、生理用ショーツ)
  • 充電器

あと、本と飲み物を5本くらい。

病室での携帯、スマフォの利用は、通話はダメだけどその他の使用は禁止していないみたいです。
看護師さんに聞いたら、(病室では)医療機器に影響もないようです。

入院当日・手術説明

朝10時からの入院手続きに間に合うように、旦那ちゃんとバスで行きました。

10時から入院手続きが開始と聞いていたので10時少し前に行ったら、29番。一番最後でした。みんな早いな〜。
長そうだったので、コンビニで飲み物を買ったら旦那ちゃんと同じものだった。

普段飲んでいる薬があるので、薬剤師さんに預ける。確認してあとで病室に届けますと。

薬局→入院手続き→レンタルパジャマの手続き→病棟に行く。

病棟ではデイルームで数人まとめてミーティングをして、また身長と体重を測って部屋に案内されました。

担当の看護師さんから説明があるというので待っていると、看護師さん(ちょっとギャルっぽい)が担当さんでした。人間見た目じゃないね。
血圧、脈拍、体温を測って、これからのスケジュールを教えてくれました。
今日は、婦人科の先生との面談(家族への手術の説明、診察)、麻酔科の面談、手術室の面談、入浴があるそうです。お風呂は15時に予約してくれて、あとはどれも時間が読めないらしい。旦那ちゃんは手術の説明が終わるまではいてくださいねと。
あと、麻酔に関する資料を読んでおいてくださいねって渡されました。
「ようこそ。麻酔の世界へ」みたいな冊子でした。

薬剤師さんがくる

担当の看護師さんが去ったああと、すぐに薬剤師さんがやってきました。
先ほど薬局に提出した薬と病院から処方された薬を持ってきてくれて、飲むタイミングの説明を受けました。
処方された薬は、夜の下剤と術後に飲む痛み止め。
あとは、手術中に点滴から入れる予定の薬の説明がありました。
痛み止め、量が通常の1.5倍。そんなに痛いの???って不安になる。

麻酔科の面談

ちょっとしたら、麻酔科の先生が手が空いたという事で旦那ちゃんと一緒に麻酔科の面談へ。
麻酔科の階を降りて右って聞いたけど、右にはドアがない。まぁ、わかったのでいいけどわかりにくかった。
麻酔科の面談は、若い男の先生と女の先生。この女の先生、超かっこいい。惚れた。
慣れていない初々しい若い男の先生の説明と質問の後、チャキチャキっと女の先生が締めてくれました。
麻酔科では、今までの病歴、薬のアレルギー等聞かれて、口の中を見たり、後ろに首が倒れるか確認されました。
あとは、使用する麻酔は全身麻酔でリスクについて説明があり「麻酔の説明書」に同意のサインをして病室へ戻りました。

お昼ご飯

戻ると、お昼ご飯が届いてました。
旦那ちゃんは、次の説明の声がかかるといけないと思ったのか、超高速でコンビニから戻ってきました。
そんなに急がなくても、お昼は先生たちも休憩するんじゃないかな?

病院のお昼ご飯
ライス
大根と水菜のサラダ
ひき肉カレー
果物(マンゴー)
福神漬け

普通に美味しい。

婦人科の先生の面談

お昼ご飯を食べて、暇だな〜って思ってたら婦人科の外来に呼ばれました。
旦那ちゃんと一緒に婦人科外来に。受付で先生の名前聞かれたけど、わからなかった。(汗)すみません。

中待合室で待っていると、先生がきました。名前間違ってた。_| ̄|○
小さくて可愛い女の先生。もう名前忘れない。
先生から病気の説明から手術の説明、輸血の説明等をしてもらって同意書にサイン。
明日はお願いします。

そして、診察があるので旦那ちゃんに荷物を託して診察に。
ガンの細胞に色がつく薬を塗るとかでまた酢酸を使ったみたい。
ちょっと痛いですよ〜って言われたけど、痛くはなかった。
終わったので旦那ちゃんと合流して病室へ。
屋上の喫茶店でコーヒーでも飲む?って思ったけど、病院てそんな気分ではなかった。

シャワー

15時にシャワーの予約を入れてくれていたので、せっかくなので入る。
年季が入ったお風呂でした。30分枠だったけど、15分もいらなかった。

手術室の面談

旦那ちゃんが帰って本を読んでいたら、また誰か来ました。
もう誰もくる予定はないぞって思ってたけど、手術室の担当の人でした。
結構忙しいのね。

またまた、アレルギーの事とか今までの病歴とか飲んでいる薬の事とかを確認されました。
あとは不安な事とかないですか?って聞かれたけど、手術は不安じゃないけど終わったあとどのくらい痛いのかとか明日からの生活が心配ってお話ししたかな。

病院の夜ご飯

本を読んだりしてたらだんだん暗くなってきて、夜ご飯の時間でした。

病院の夜ご飯
米飯
清汁
かに玉
炒り豆腐
フルーツミックス

処方された薬を飲んで就寝

ご飯食べたら、あとはもうやる事ないな。
処方された薬を21時に飲んで就寝。
しようと思ったけど、電気も消えないし22時頃まではなんだか明るい感じでした。
食事は24時まで可。飲み物は明日朝の6時まで大丈夫だそう。
おやすみなさい。

〜その3に続く〜

子宮頸がん検診でクラス3b。円錐切除術をしてきましたその3|2018年in横浜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です