こんなにもらえる!年金のもらえる金額について徹底解説!

年金 もらえる 金額

毎月支払っている年金。

若い人から始まり過程を築き上げた大黒柱の男性やその奥さんまで、この先の老後でもらえることが出来る金額を事前に調べておきたいというのは必然でしょう。

今回はそんな年金の金額計算方法を分かりやすくご紹介していきたいと思います。

分かりやすく解説!年金の受け取れる金額とその計算方法とは!?

年金 もらえる

まず年金の計算方法から早速紹介をしていきたいと思います。

前提として年金の支給額ですが、こちらは個人差にてもらえる額がそれなりに変わってくるという事を抑えておきましょう。

その理由としては「加入期間」と言われる、いわば一般的に20歳から60歳の40年間が最大である中でその期間の中からいつ加入をしたかによって年金を収め始めた期間がずれてくるからです。

そして重要な計算方法ですが、

満額 ×(保険料納付月数 + 全額免除月数 × 8分の4 + 4分の1納付月数 × 8分の5 + 半額納付月数 × 8分の6 + 4分の3納付月数 × 8分の7)÷ 40年(加入可能年数 × 12) 文章

という方程式に沿って計算をしていきます。

実は上の計算式だけで支給額の推定が可能なのでとてもシンプルかつ難しい事は一切必要ありませんのでご安心してください。

また注意としては未納の場合には、月数がその分減ることになる。免除の申請をしておけば、期間に算入してもらえることに加え、割合に応じて加算してもらえるので、ぜひ覚えておいて損はないと思います。

知らなきゃ大損!?国がひた隠しにする年金手続き書類とは!?

年金 もらえる

公的書類手続きが必要である年金において、国民に開示されていない秘密の内容や書類というものは存在しませんが巧妙な落とし穴やトラップというものは確実に存在しているのがこの年金問題。

その代表として海外転出届というものがあります。

これは何かというと、例えばワーキングホリデーという海外へ1年間という期間滞在し現地にて学校や仕事をする事が合法される査証にて海外へ移住をする方が、渡航の際に市役所にてこの海外転出届というものを提出します。

提出することによってその1年間は日本国内の年金の支払いというものは一時的に停止扱いとなり支払い義務がストップします、但し1年間以内に帰国をするとその義務は無効化され、渡航直後から支払いが途絶えた分の年金をすぐに支払いはなくてはならなくなります。

役所にて提出時もこういった注意というのはあまり詳しいところまでされないケースが実際にあり、1年計算で帰国するもあと1日だけ足りず痛手を負った人も事実いる為入念な確認と、手続き方法、年金についての理解をより深く持つことが何よりも好ましいかと思います。

まとめ

年金 もらえる 杖

如何でしたでしょうか?

日本国民である以上この年金についての手続きや、もらえる金額、支給までの過程など様々なことを理解しておかないと実際に痛い目をみてしまうことがあるかもしれません。

この記事を参考に是非これからの年金に対する認識と、実際に自分自身がもらえる年金額を計算した上で老後に向けても賢明な形で迎えれるよう努力していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です