備えあれば憂いなし!防災セット人気の3メーカーを徹底比較!

防災

防災セットは、多くのメーカーが様々な種類の商品を出しています。

大事な家族の命を守る為の必需品です。何を基準に選んだらいいのか、と悩みますね。

今回は、防災セットを選ぶ際の比較ポイントをまとめました。

防災セットの中身は?必要なものをリストでチェック

防災

災害の際、持ち出せる量には限りがありますので、

優先順位をつけて、本当に必要なものを厳選して準備しておく必要があります。

市販の防災セットは、災害時に最低限必要なものがコンパクトにまとめられています。

可能であれば一人に1つ準備し、家族それぞれが無理なく持ち出せる重さのものを選びましょう。

防災セットの空いたスペースには、それぞれ各自で必要なものを追加して、玄関などに用意しておきましょう。

防災セットを選ぶ際は、「中身」と「形と素材」をチェックしましょう。

最低限必要なものは、以下の通りです。

今から準備するなら長期保存水にしましょう。
保存食 品質のよい安全なものを選びましょう
手回し式ラジオライト スマホ等の充電ができるもの、本体蓄電式を選びましょう。
ホイッスル 声を出せない、周囲に届かない場合に威力を発揮します。
雨具・アルミブランケット 雨に濡れたりして冷えると体力を消耗します。
携帯式トイレ 仮設トイレが設置されても、なかなか思うように利用できない場合があります。

他にも、水タンク、ランタン、身体拭きシート、マスク、軍手、電池、水なしシャンプーなども必要です。

上記に加えて、各自で必要なものを追加しましょう。

メガネ、常用薬など すぐに手に入らない場合に備えて、いつも飲んでいる薬を用意しておきましょう
身分証明書、緊急連絡先、現金 身分証明書は、免許証等顔写真付きがベストです。

水や保存食、ホイッスル、トイレ等などは、一人につき1セット必要ですが、

ラジオライトやランタンは、一家に1つあれば十分です。

防災セットには、リュックタイプとキャリーバックタイプがあります。

両手が自由になり、移動しやすいのはリュック型です。

キャリーバックタイプは持ち運び時の体力消耗を防げますので、女性や高齢の方に向いています。

どちらのタイプも、軽くて丈夫な防水素材であること、反射板がついていることは必須です。

災害時、避難所よりも自宅避難を選ぶ場合があると思います。

防災セットは持ち出しする前提で作られていますが、

自宅避難の際にも使えるものが揃っています。

まずは、備蓄としても使用できる防災セットをしっかり準備し、

それから家の備蓄を用意しましょう。

防災セットで人気の3メーカーはこちらです。

いずれも必要なものは一通り揃っていますので、
対応できる重さや使い勝手で選びましょう。

「SHELTER」
公式サイト → http://lapita.co.jp/product/shelter
コストパフォーマンスに優れています。
初めて防災セットを購入する方にぴったりです。

ものすごい防災セット プレミアム
キャリー式なので、自分達で必要なものを追加して重くなっても大丈夫です。

「Defend Future Relief」
公式サイト → https://defend-future.net/
安心の5年保証がついています。

いざというときに便利な防災グッズ【2019年最新版】

防災

防災グッズは日々進化を続けています。

驚きの機能を備えた便利な防災グッズの一部をご紹介します。

まとめ

防災

防災グッズは自分と家族の命と健康を守る必需品です。

何が家族に必要かを見極め、必要なものをしっかり備えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です