冬のお悩み!結露のカビとさよならできるおすすめ対策&グッズ!

結露 カビ 対策

結露によってカビが発生すると、見た目が悪いだけでなく、健康被害を引き起こすことがあります。

アトピーやぜんそく、恐ろしい『カビ肺炎』は、高齢者や乳幼児が発症すると最悪の場合死に至ることも。

室内に発生するカビの大きな原因である結露を防止して、健康的で快適な住まいを手に入れましょう。

結露のカビ悩みNo1! 窓の結露を防止する便利グッズ集めました

結露 カビ 対策

結露を防ぐ為に最も効果的なのは除湿です。

なぜなら、結露の元になるのは、空気中の水蒸気だからです。

空気は、温度によって、含める水蒸気量が決まっています。

温度が温かければ、よりたくさんの水蒸気を含むことができます。これが、湿度が高い、という状態です。

空気の温度が下がると、空気中に水蒸気を含めなくなって、余分な水蒸気が水に変わります。

冬場、室内と外気の温度差は大きくなります。

窓は、直接外の気温に影響されます。周囲の空気の温度がさがり、水蒸気が水となって窓につくのです。

これが結露です。

ですので、結露防止に最も効果があるのは、水蒸気を減らすこと、除湿です。

換気をこまめに行い、乾燥した外の空気を取り入れ、室内の水蒸気を逃がしましょう。

ですが冬場は、せっかく温めた室温を換気によって下げることを躊躇してしまいますね。

おすすめは、除湿機

そんな時におすすめなのが、除湿機です。

冬は元々空気が乾燥しているのに、と思われるかも知れませんが、結露が発生するということは、少なくともその場所は、水蒸気が多く発生しているということです。

除湿機は、冬の結露対策、梅雨のじめじめ、部屋干し用と通年で使えますので、この機会に購入を検討してみるのも一つの方法ではないでしょうか。

結露用ワイパーもおすすめです。

水蒸気を取る、という点で、手軽に対応できるのは、結露用ワイパーです。

ゴムベラ部分で結露した窓ガラスを下から上になぞれば、下部のボトルに水が貯まる仕組みです。

そのまま水を捨てられますので、室内の水蒸気を減らし、カビを発生させにくくします。

窓に貼る結露テープもありますが、テープそのものに水分が含まれたままなのが気になります。

安くて効果的なのは、新聞紙

新聞紙での対策が、安くて効果的です。

夜、結露し始めたら新聞紙を窓に貼り付けて、翌朝に剥がす、というものです。

濡れた新聞紙でそのまま窓ガラスを拭くことができますので、掃除の一手間も省けます。

見た目が気になる場合は、結露テープのように窓の下部にだけ添えておく、という方法でも大丈夫です。

結露によるカビを防ぐ方法は、窓付近の温度を下げないようにすること、も効果的です。

壊れ物の包装に使われる、いわゆる、ぷちぷちシートは断熱効果抜群です。

窓の外側に貼り、窓を冷やさないようにします。

また、窓用ヒーターで窓を温めるのも効果的です。

ぷちぷちシートも窓用ヒーターも、結露防止だけでなく、窓からの冷気を防ぎ部屋をあたたかくする効果がありますので、一石二鳥です。

結露で発生したカビを除去するには?プロがすすめる即効対策!

結露 カビ 対策

カビの除去で大切なのは、

  • カビの汚れを落とすこと
  • カビ菌を殺し、繁殖を防ぐこと

の2つを必ず行うことです。カビの汚れを落としても、カビ菌を殺さなければ、また繁殖してしまいます。

窓のカビ汚れを落とすには、住宅用洗剤や、薄めた中性洗剤を吹きつけて5分程待ちます。

汚れが柔らかくなったら濡れ雑巾でしっかり拭き取ります。

乾燥させてから、エタノールで除菌すれば、菌の増殖を予防することができます。

80%の「消毒用エタノール」が効果的です。

なお、エタノールは火のそばでは使用しないで下さい。色が抜ける場合がありますので、目立たないところで試してみましょう。また、換気は必ず行い、絶対に塩素系漂白剤と一緒に使ってはいけません。

住宅用洗剤を試しても落ちない、パッキンなどの頑固な黒カビは、市販のカビ取り剤を使って取り除きます。

プロも使うわざとして、薬剤を汚れに塗布した上から、水で軽く濡らしたキッチンペーパーを貼ります。

そうすることで、薬剤が垂れたり流れたりせず、汚れに密着し、汚れが落ちやすくなります。

15分程置いてから、しっかりと水拭きします。

市販のカビ取り剤も、使用上の注意をよく読んで、正しく使用して下さい。成分が強い為、換気を十分に行い、マスクやゴム手袋で身体を守りましょう。

他の薬剤と同時使用は厳禁です。

まとめ

結露 カビ 対策

結露によるカビを発見したら、できるだけ早く対処することが大切です。

取り除いた後は、換気に気を配って、結露防止対策を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です