結婚式のご祝儀、その渡し方で大丈夫!?一歩先行くビジネスマナー集

結婚

新入社員の数年は余裕がなくて、毎日が慌しく過ぎていくだけの日々だったことでしょう。

それでも1年が経てば後輩ができ、その後数年が過ぎると新人教育係など任されることも増えて、ずいぶん落ち着いてきた頃でしょう。

上司からも信頼してもらって、会社では順風満帆というかんじでしょうか。

仕事上のビジネスマナーは、経験することが大切です。

もちろん大きな失敗は会社の不利益につながりますから許されませんが、新人のうちはビジネスマナーを身体に叩き込むためにも失敗を恐れず経験を積むことが何よりも大切です。

このとき、正しい指導をしてくれる上司がいると、心強いですね。

そんな上司がご結婚されると聞いたら、どうお祝いしましょう。

同僚であればパーティーでもいいかもしれません。

流石に上司ですから、おめでとうの一言では済まされません。

結婚式に招待されているならまだしも、そこまでの関係ではないならスマートにいきたいものです。

ビジネスマナーの一つとして、結婚式のご祝儀について調べてみました。

ご祝儀の渡し方や金額など、一歩大人に近づくためのビジネスマナーのご紹介です。

結婚式ご祝儀の相場&マナー!部下、上司など立場別にまとめました

まずは一番問題になるご祝儀の金額について調べてみました。

結婚 ご祝儀 金額

お渡しするのが上司の場合、年齢が近い上司であれば3万円、
より高い役職や年配の方であれば5万円が平均のようです。

部下の場合もほぼ同じ金額というデータがありました。

もちろん関係性によるところが大きいですから、大変お世話になっている方であれば5万円から8万円というデータもありました。

金額に関しての注意は、4や9などの所謂「忌み数字」は避けます。

偶数の6万円などは割り切れるという意味で離婚を想像させてしまうということから避けます。

ただし、8万円だけは末広がりの幸せということで、使ってよいとされています。

またご祝儀袋への入れ方もマナーがあります。

まずは新札を使うこと。

中袋(実際にお金を入れる封筒)の表には「金 〇〇円」と書きます。

金額は漢数字の旧字体で例えば「壱弐参」というものを使います。

裏面左下には住所と氏名を書いてください。

いまは欄が印字されているものが多いです。

これらは、受け取った新郎新婦が整理しやすいようにとの配慮です。

このとき、必ず濃い黒の筆ペンを使います。ボールペンや万年筆で書くのはNGです。

中袋へのお札は、金額を書いた表に対して、福沢諭吉の顔が見えて、頭が左を向いている状態で入れます。

封筒を表にしてあけたときに、人物の肖像画が最初に見える向きとでもいいましょうか。

もちろん、お札は全て同じ向きです。

中袋は封を糊付けしませんので、そのままご祝儀袋に入れます。

ご祝儀袋へ包んだら、裏面の最後の折り返し(外袋の折り返し)は、下側が上側」と覚えてください。

ご祝儀の場合は上向きを想像させる状態を作ります。

ちなみに不祝儀の場合は逆に上側が下に向くように折ります。

お渡しするタイミングですが、結婚式に招待されていないのであれば、挙式後の2,3週間後がよいといわれます。

挙式前に送るのは、招待していないにも関わらずご祝儀を頂くことに対してもらう側が恐縮されてしまうことがあるからです。

もし招待されたにもかかわらず欠席ということであれば、遅くとも結婚式の1週間前までにお渡しします。

場合によっては遠方になることもあるでしょう。

その場合は、ご祝儀袋を現金書留の封筒に入れて郵送します。

普通郵便やビジネス宅急便ではなく、現金書留でおくるのがマナーです。

できれば手紙やメッセージを添えると好感度があがります。

ビジネスの場にふさわしい結婚式ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋

ご祝儀袋の中央にある「ひも状のもの」を水引(みずひき)といいます。

このとき、「一度きりのお祝い」という意味をこめて、一度結んだらほどけない「結びきり」「あわじ結び」のものを選びます。

安いご祝儀袋には「ちょう結び」になっている水引が使われているものがありますので、注意します。

最近はコンビにでも豪華なご祝儀袋をおいていますし、「結婚式用・金額〇〇万円用」などと書かれていますので参考にしましょう。

水引の下に自分の名前を書きます。

名目は既に「寿」などと書かれたものが多いですが、自分で書く場合は「4文字」だけには気をつけます。

寿のほかに御祝や御結婚御祝などとします。

当然ですが、包む金額が袋の豪華さと比例します。

豪華で大きな水引が付いたデザインのご祝儀袋のなかに、少額の金額が包まれていると失礼にあたります。

ご祝儀袋をカバンの中にそのまま入れてはいけません。

袱紗(ふくさ)を使います。袱紗へのご祝儀袋の包み方も、お祝い事に使う場合の包み方があります。

正方形である袱紗の頂点を上下左右におきます。(対角線がプラス記号になるように)

次に、たての対角線に、ご祝儀袋の表右端がそろうようにおきます。

左側を折り込み、上部を中に折り込み、下部を中に折り込み、そして右側を折り込み、最後に余った部分を裏へ折り返します。

袱紗がない場合は小さな風呂敷やハンカチで代用してもかまいません。

色にも注意します。必ず明るい色を使いましょう。

暗い色は弔事(お葬式など)のためのものです。袱紗の折り方も慶事と弔事とでは順序が違います。

まとめ

結婚

若い人がビジネスマナーをサラリと使いこなすと、「お、こいつ、やるな」と思われます。

相手が仕事の取引先であったり、上司であれば、その後の仕事も相手からの安心感が高まります。

知っていて損はないビジネスマナーです。

いまはネットでも様々な情報があります。

動画でも紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。

付け焼刃はボロが出ますので、必ず練習をして体で覚えることが、ビジネスマナーは何よりも大切です。

このことは、他のビジネスマナーにもいえることです。

言葉遣いなどを含めて、日ごろから意識して使うようにしてください。

そして最も大切なことは、気持ち、です。御祝したい気持ちをきちんと伝えることは、時としてビジネスマナーよりも尊ばれるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です