女子から高評価のお花見コーデ集めました!メンズのイチオシ春コーデ

お花見メンズコーデ

社内の若手で親睦会を兼ねた「お花見」が開かれることもあります。

普段はスーツ姿しか見せ合っていない仲間の私服姿が見られる機会。

女子たちの間では噂話が盛り上がっていて、ということも。

ファッションセンスに自信があれば良いのですが、そうではない場合はちょっと憂鬱に。

普段はパーカーしか着ていない場合でも、これをおさえたらバッチリ!

お花見コーデメンズ編、まとめてみました。

お花見でバーベキュー!おすすめコーデは動きやすさ+かっこよさ

お花見メンズコーデ

桜の木の下で車座になるのであれば、楽な格好でもよいかもしれません。

でも、若手ばかりの集まりですから、バーベキューグリルを持ち込んで、ワインでパーティーなんてことも最近は流行中。

そうなると、立ち振る舞いに女子の目が集まります。

おすすめコーデは、まずは動きやすさ。

女子の期待は「男子の気配り」です。
「優しさ」といったほうが分かりやすいかもしれませんね。

飲み物を取ってくれたり、バーベキューグリルの操作をしたり。

「焼き奉行」となると、ちょっと引かれますのでご注意を。

ここで重要なのは「色使い」です。

お花見ですから、明るい色をチョイス。
お花見に黒コーデでは気分が下がってしまうのです。

動きやすさということでいえば、デニムの利用が一番です。

ただシンプルすぎると幼く見えますから、組み合わせに注意します。

インナーはカットソーを使うとか、ニットを使うなど工夫したいです。

また足元は必ずスニーカーに。

バーベキューは気軽に参加するものです。

編み上げのブーツでゴツイ感じに仕上げると、本格的に見えすぎてしまいます。

防寒もおしゃれも兼ね備えたお花見コーデ!春の夜は意外と寒い!

コート

お花見の時期は、昼でも寒いときがあります。

ましてや夜桜となると防寒対策はマストです。

そうなると、気温調整が出来る「重ね着」がお勧めです。

もしシートをひいて長時間座ることがあるならば、ボトムはゆるめのほうがよいかもしれません。靴下にもこだわりをみせてください。

親睦会で失敗するコーデは、頑張りすぎとみえてしまうケースです。

キメ過ぎのコーデは禁物です。
レザーものや、釣り人のような完全防寒対策は絶対にやめましょう。

スーツ姿でも同じことですが、女子には「清潔感」を印象つけることが一番大切です。
「爽やかキレイ系」とでもいましょうか。ごてごてせず、ギラギラせず、若者らしいコーデを考えましょう。

まだまだ寒いことを考えれば、スプリングコートを持っていくこともありえます。

女子にひざ掛け代わりに貸してあげるなど、応用もきくかもしれませんね。

軽くて明るい色のアウターを着ずに1枚持っているだけでも、防寒対策にはバッチリです。

まとめ

雑誌
ファッションに自信がない人であれば、お店の人やファッションが好きなひとに相談するのが一番です。

明るい色といっても様々です。

実際には「顔」や「髪」にあわせることが多いので、雑誌やネットの写真をみて真似しても似合わないことがあるのです。

大事なことは、方向性です。

今回は「お花見」というテーマでしたから、そのシチュエーションでは「明るさ」「寒さ」「動きやすさ」などを考えることが大切。

お店の人やファッション通のお友達にも、これらの重要ワードは必ず伝えてから選んでみましょう。

夜桜の下で、ちょっとほろ酔い気分って、いいですね。素敵な関係が芽生えますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です