FX初心者必読!プロのトレーダーが厳選したFX入門本3冊

fx 初心者 本

副業解禁となった平成最後の年。

働き方改革で残業はできなくなり、24時間営業のコンビニが減って、元日からやっていたラーメン屋さえもが2億円の収入減でも休みますと公言しました。

経営者は少しだけ痛くなるだけでしょうけれど、末端の労働者としては何か対策をたてなければ確実に厳しい生活になってしまいます。

本業に影響が少ない副業ができる才能を持ち合わせていれば良いのだけれど、これといった特技もないしと困っている人も多いはずです。

隙間時間にサクっと左団扇的に稼げるバイトはないかしらんと検索していたとき、FXが面白いらしいと聞いたことはありませんか?

単純にいえば外国の通貨を安く買って、高くなったときに売り払うというFX。

株と同じようなものですから、ある意味では競馬などと同じギャンブルです。

素人が何も知らずに手を出すと損しかしないといわれるものですが、だからこそ勉強してみては如何でしょうか。

投資信託まで堅苦しいものではなく、簡単にできるといわれているFX。

FX

それでもきちんと勉強してきちんと収入を得たいと思うのであれば、良い指南書・情報を仕入れることが大切です。

そんな、FX初心者にプロのトレーダーが厳選した入門書を3冊、ご紹介します。

「一番売れてる投資の雑誌ザイが作ったFX入門」

まずは「一番売れてる投資の雑誌ザイが作ったFX入門」です。

出版社はダイヤモンド社。

2009年の発売ですから、ちょっと内容が古いかもしれません。

それでもド素人が一番初めに手にするにはバッチリの内容の入門書です。

説明が非常に分かりやすく書かれていて、全体像を理解するにはうってつけの本といえます。

「為替相場の分析手法 プロが教えるマーケットの読み方」

次はシティバンク銀行が発行している為替相場の理解を深める勉強に最適の1冊で「為替相場の分析手法 プロが教えるマーケットの読み方」です。これも発売が2012年なので、ちょっと古いかもしれません。それでも、為替がどのような要因で動いているのかなど、FXの土台となる部分を勉強するための教材といえます。中級者まで使える入門書といえるでしょう。

「先物市場のテクニカル分析」

最後に「先物市場のテクニカル分析」という本です。先物取引とありますが、FXや株など全てのテクニカル分析に使えます。この3冊で十分ということではありませんが、まず1冊目の「一番売れてる投資の雑誌ザイが作ったFX入門」を熟読してください。この段階で無理を感じたら、FXはあきらめてください。

1冊目を読破して面白くなってきたら、「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」という言葉が頭に残っているはずです。ご紹介した「先物市場のテクニカル分析」に続いて「ファンダメンタルズ分析」についての初心者向けの本を2冊くらい読破します。さらに「資金管理」「心理」「哲学と真髄」に関する初心者向けの本を1冊ずつ読破すれば、怖いもの無しです。

FXを学ぶためのセミナーや学習講座では、上記のようなカリキュラムで勉強するところも多いということです。なにはともあれ、FX入門を読破してみましょう。

FXFX初心者がすっごく気になるリスク 知って恐怖を取り除こう

FX初心者はまず少額から!低リスクで始める方法&ポイント

fx 初心者 本

FXはスマホを使ってできる、資金も1万円程度から始められるお手軽な投資といわれています。

もちろん勉強もせずに適当にトレードをしていると軍資金が目減りしていくだけですが、しっかり勉強して売り買いに慣れてしまえばバッチリ稼ぐことも可能です。

用意するものは

  1. スマホ
  2. FX口座
  3. 口座開設時に必要な本人確認書類とマイナンバー
  4. 取引資金として1万円程度

という、これだけの準備で始められてしまいます。

FX取引を始めるには、まずFX業者で口座開設をします。

初心者には国内口座数第1位の「DMM.FX」や、チャートと取引ツールの使いやすい「GMOクリック証券」や、1通貨4円の少額から取引可能な初心者向けの「SBIFXトレード」などをオススメします。

申し込みはネットで完結し、およそ3日で口座開設完了の書類が到着します。

早いところでは即日開設もあります。

多くのFX会社には、練習ができるでも口座があります。

まずは、初心者は取引ツールの使い方や新規注文や決済注文などのやり方をデモトレードで勉強すべきです。

そして最低限の仕組みを覚えたら、1000通貨単位などから実際の取引に慣れていきましょう。

FXFX初心者がすっごく気になるリスク 知って恐怖を取り除こう

まずは練習!FX初心者用デモトレードができるアプリ【2019年版】

fx 初心者 本

フリーソフトのFXアプリや市販のゲームなどもありますが、実際のリアルタイムレートと違うものが多く、練習にはなりません。

そこでオススメなのが、FX会社のデモ口座とバーチャルアプリということなのです。

「DMMFX」

「DMMFX」のデモアプリは登録も簡単で、分かりやすいトレード画面で手軽にFX体験ができます。

PC用のツールも2種類あります。

「GMOクリック証券」

「GMOクリック証券」でもデモツールを用意しています。

PCであればブラウザ取引画面もありますし、ダウンロードするタイプも用意されています。

高性能な「プラチナチャートプラス」もデモツールとして利用可能です。

「ヒロセ通商LionFX」

土日でも練習ができる「ヒロセ通商LionFX」のデモ口座は365日無料で利用できます。

これらのアプリで初心者が確認すべきことは「取引ツールの使い方」「FXの仕組み」「為替相場のチャートの動き」です。

しっかり練習して、自信を持って本番にのぞみましょう。

まとめ

FX

ネットでもFX入門サイトがいくつもありますので、勉強する教材には困らないはずです。

書籍を購入するにしても、ネットで済ませるにしても、しっかり知識を蓄えることが何よりも大切です。

専門用語が出てきても慌てないようになるまでは、勉強を続けるべきです。

相場が読めるようになるには、デモツールを使い倒すぐらいの時間が必要になるでしょう。

タイミングをはずせば、一気に損失となることも多々あるのが投資です。

集中して勉強しましょう。

だからといって、本業がおろそかになるような集中状態はよくないでしょう。

昼休みや通勤途中など、隙間時間を上手に使って賢く稼いでください。

FXFX初心者がすっごく気になるリスク 知って恐怖を取り除こう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です