税金はこんなにも多い!?知っておきたい給与と税金の計算方法を誰にでも分かりやすく解説!

【税金はこんなにも多い!?知っておきたい給与と税金の計算方法を誰にでも分かりやすく解説!】
税金…国民の義務とはいえ嫌~な言葉ですよね。頑張って稼いだお金から容赦なく引かれる沢山の税金。まさに天国と地獄!

社会保険と与される健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金は勿論、介護保険や住民税など明細の給与金額を見て喜んだのもつかの間、税金額の高さに驚き少なくなってしまった手取り金額を見てがっくり…。

へこんでも強制的に引かれてしまう税金。もうそれは仕方ないと割り切るしかありません。せめて税金がどのように使われるのか、どういう計算で金額が確定されるのかを知っておくと納得いくので、少しでも気持ちを楽にしてみましょう。

【今更聞けない!?一般常識!?手取り給与の計算方法!】
前回の給料日から日々の努力と忍耐を重ねて待ちに待った給料日。明細を見てみると沢山の項目と金額が並んでいますが、内訳はとてもシンプルです。

総支給額-総控除額(税金)=差引支給額(手取り額)です。

要は税金でこの分が多いほど当然手取り額は少なくなってしまうわけです。
控除というのは差し引かれる分の事です。

それでは主な税金(控除内容)を紹介します。
・健康保険…病院の窓口負担3割を会社で半分ずつ負担します。
・雇用保険…失業した時にもらう為の保険です。
・労災保険…就業中怪我や病気をした時の為の保険です。
・厚生年金保険…将来年金をもらう時に備えておく保険です。

この4つが社会保険と言われるもので募集項目に社会保険完備など記載されてる場合、この4つが備わっていますよという事です。
因みに雇用形態に関わらず必須とされているのは雇用と労災です。この2つが労働上必要最低限の保険(税金)となります。

・所得税…その名の通り給料から非課税分を引いた額(所得)にかかる税金。一旦徴収された税金は年末調整や確定申告で正しい額が清算されます。
・住民税…住んでいる市町村の税金です。
・介護保険…40歳以上になると引かれます。介護を必要とする時の保険です。

ほとんどがもしもの時の備えの為の保険が税金となっているので、高い税金の反面心の安心が対価となっている訳ですね。

詳しくは下記のサイトを参考にしてみて下さいね。
サイト名:転職HACKS
https://ten-navi.com/hacks/salary-7-7642

【知らないのは自分だけ!?新卒手取り給与の目安とは!?業種別に解説!】
給料額を見て他の人たちは一体どれくらい貰っているのか、平均額が気になりますよね。
給料は高卒か大卒、業種によってもさまざまで、更に同じ業種でも会社や個人の能力によっても評価が変わりますので一概には言えませんが、大体総支給20万円くらいで手取り額16万円が平均のようですね。

サイト名:キャリアパーク!転職
https://careerpark.jp/14168

サイト名:Mayonez
https://mayonez.jp/topic/102#num_1065

サイト名:All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/468961/

【まとめ】
多くの人たちが忍耐とストレスを抱えながら稼ぐためにこなしている仕事。その対価の給料も差し引かれる額が多いと気持ちががくっと下がりますよね。ですが仕組みを分かった今なら以前よりは気持ちが幾分スッキリしたのではないでしょうか。

本音を言えばこれだけ引かれる税金がしっかり使われれば一番すっきりするのですが、現時点では残念ながら難しそうです(^_^.)

収入は性別や年齢の格差も大きく貰うものがそれなりか少なく、引かれるものばかりが大きいという感じで本当やってられませんよね。

しかし働く以上もっと言うと生きていくうえで一生付き合っていかなければいけないし、保険の意味もある税金です。
これからは給与明細から収入と支出両方しっかり把握していきましょう。

仕事 辞める 知らなきゃ損する!絶対に言ってはいけない仕事を辞める理由とは! 年金 もらえる 知っておきたい年金のこと、もらえる金額を知って賢く将来に備える! 税金はこんなにも多い!?知っておきたい給与と税金の計算方法を誰にでも分かりやすく解説! 仕事 辞める 知らなきゃ損する!?絶対に言ってはいけない仕事を辞める理由とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です