アトピー肌にもOK! 肌に優しい保湿クリーム市販品のおすすめは?

アトピー 保湿 クリーム 市販

アトピー体質でいつも肌の調子が悪い。

カサカサだけじゃなく、炎症やかゆみまで。

そんな肌の悩みを持つ人たちから評判の良い保湿クリームを紹介します。

正しいケアでアトピーのトラブルが起きにくい肌を作りましょう。

保湿クリームは顔と体どちらにも使えるものが人気

アトピー 保湿 クリーム 市販

アトピーには2種類のタイプがあります。

[敏感肌タイプ]

もともと肌のバリア機能が弱く、
日差し、摩擦、ストレスなどで皮膚炎が起こりやすいタイプです。
外からの刺激を減らす対策が必要です。

[アレルギータイプ]

アレルギー反応を起こす物質が触れると
皮膚炎が起こってしまうタイプです。
何に反応しているのか皮膚科で調べてもらいましょう。

治りにくい時や何度も頻繁に繰り返す時は、皮膚科を受診して、
肌の状態や原因を診てもらいましょう。
今の状態がわかってから、保湿ケアを始めます。

アトピー肌には保湿は大変重要です。

保湿クリームの塗り方

保湿クリームは入浴後5分以内に塗ります。

入浴した後は肌に水分が入った状態です。

保湿クリームでその水分を逃げないようにフタをする役割になります。

5分過ぎた時は、化粧水のスプレーなどで肌を湿らせてから
保湿クリームを塗るようにしましょう。

保湿クリームは湿疹がでたり、かさかさした所だけじゃなく、全身に塗るようにします。

指先ではなく手の平で体のシワに沿って塗ると
スムーズに塗ることができます。

こすらずにやさしく塗ります。

塗りはじめたら2分以内で塗ってしまいましょう。

保湿クリームを塗ることが手間だと感じてしまうと長続きしないので、
顔と体の両方使えるクリームをササッと塗ってしまいます。

季節に関係なく毎日継続することが大切です。

保湿クリームを使ってみると、

ベタベタする感じが苦手、
サラサラし過ぎて保湿されて感じが少ない、
ちょっと刺激を感じるなど個人差があります。

自分の肌に合ったものを探しましょう。

肌が荒れてしまっているときの入浴の注意点

アトピー 保湿 クリーム 市販

かさかさになって肌が荒れてしまってるとき、
石鹸やボディーソープで洗うのは
良くないように感じる方も居るかもしれません。

肌が荒れてしまっているときはバリア機能が低下していて、
保護機能が弱い肌から汚れやばい菌などが入り込んで
悪化させてしまう場合があります。

泡立てた刺激のない石鹸で
毎日やさしくからだを洗いましょう。

入浴剤はイオウが入ったものは乾燥肌になりやすいので避けましょう。

保湿作用のある入浴剤もありますが、
肌が荒れている時はどの成分が肌に刺激を与えてしまうかわからないので、
慎重に使うようにしましょう。

市販の保湿クリームはこれがおすすめ!
5品をピックアップ

アトピー 保湿 クリーム 市販

■アトピスマイルクリーム

薬用成分のライスパワーNo.11を配合しているアクリームです。
この成分は水分保持が認められているもので、
弱った肌の強化をサポートしてくれます。
使い続けることで、肌の水分を保持するセラミドが増えます。
健康的な肌の状態に導くことができます。

■コラージュ 薬用保湿クリーム

刺激に敏感な方におすすめのブランドです。
コラーゲンやセラミドで潤いを与えることに加えて、
肌荒れを抑える薬用成分を配合しています。
なめらかな肌に整えてくれるクリームです。
アレルギー反応を起こしやすい肌の場合は
パッチテストをしてから使いましょう。

■サンホワイト

顔だけでなく、唇、手、からだの全身に使えるワセリンです。
無着色、無香料、保存料不使用で
アレルギーが原因のアトピー症状に悩む方に人気があります。
保湿成分は入っていませんが、肌を保護する役割のクリームです。
刺激を与えずに、肌を休ませたい時のケアにおすすめです。

■ヒフミドエッセンスクリーム

保湿成分セラミドを高濃度配合されているのがこのクリーム。
バリア機能が弱って乾燥・炎症が起こりやすくなった肌をサポートします。
頑固な乾燥肌に悩む女性に人気があります。
空気が乾燥するとアトピー症状が悪くなる方におすすめです。

■エトヴォスモイスチャライジングクリーム

肌の水分量を保つセラミドをたくさん配合しているクリームです。
衛生的なチューブタイプで使いやすいです。

最後に

アトピー 保湿 クリーム 市販

保湿ケアは毎日継続していくことが大切です。

保護機能が弱っている肌を守って、刺激に抵抗できる肌にします。

毎日のケアでも改善がなく長引いてしまってる時や悪化するときは、
皮膚科で炎症を鎮めてもらってから、
また市販のクリームでケアを始めるようにします。

自分の肌にあった保湿クリームをみつけて、
肌トラブルのストレスを減らしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です