レインブーツ人気メンズブランドとは?ビジネスにもオススメ!?

レインブーツ メンズ ビジネス

梅雨時期の外回りほど、過酷なものはありません。

さすがに長靴を履いてはいけませんし、かといって先輩営業マンのように営業先近所の喫茶店で着替えて荷物を預かってもらうなどという肝の据わった行動はまだできません。

ところが最近は、デザインも良くて防水などの機能に優れたものがたくさん出ているのです。

梅雨時期に活躍するレインシューズや雪の日にもバッチリなレインブーツであるにもかかわらず、見た目はビジネスシューズとほぼ同じというものさえあるのです。

今回は雨の日や雪の日に重宝する、若手ビジネスマンに必需品のレインブーツを調べてみました。

スーツに合わせてもおかしくないデザインでありながら、滑り止めや完全防水機能などが整っているものや、若いサラリーマンに人気のブランドなどについて調べてみました。

レインブーツ人気のメンズデザイン集!ショートブーツがトレンド!?

レインブーツ メンズ ビジネス

ブーツの種類は膝下まである「ロング」

脹脛あたりまでの長さで所謂長靴のような丈の「ミディアム」

そして踝くらいまでの「ショート」の大きく3つに分けられます。

ビジネスシューズのひとつとするならば、ショートタイプがイチオシです。

ぱっと見は普通のブーツを履いているように見えるからです。

ショートと絞ったとしても、素材がたくさんあって迷うことがあります。

多くはゴム系やPVCといわれる塩化ビニル製です。

軽くて防水性が高いからです。

一番のオススメはゴアテックスです。長時間履いても足が蒸れません。

「アサヒトップドライ ゴアテックスメンズブーツ」

ゴアテックスを採用していてビジネスに使えるレインシューズのイチオシは

「アサヒトップドライ ゴアテックスメンズブーツ」

です。

靴底も特殊ソールのために、完全滑り止め付です。

これだけで雨の日にも雪の日にも使えます。

「マッキントッシュ フィロソフィー サイドゴアレインブーツ」

ビジネスシューズ定番のオックスフォードやプレーントゥ、サイドゴアかチャッカブーツが無難だなあと思うのであれば、「マッキントッシュ フィロソフィー サイドゴアレインブーツ」がオススメです。

一体成型で作られ、素材はPVC製なので完全防水です。

「クチデザイン ウイングチップ」

見た目は普通のウイングチップなのに、PVC素材で一体成型してある「クチデザイン ウイングチップ」は、縫い目や艶感まで皮製を再現しています。

「グリーンレーベル リラクシング レインシューズ」

同じようなコンセプトでプレーントゥでは「グリーンレーベル リラクシング レインシューズ」があります。

「フォックスアンブレラ レインローファー」

営業の先輩から「外回りの人間はブーツはダメ」といわれているのであれば、ショートもショート、たとえば「フォックスアンブレラ レインローファー」もあります。

ロイヤルファミリーご用達英国傘ブランドですから、見た目は上品に仕上がっていますから先輩からのお咎めはまずありえません。

迷ったらこれ!?レインブーツ、メンズはハンターが無難!?

レインブーツ メンズ ビジネス

Hunter(ハンター)は、スコットランドのゴム製ブーツブランドです。

もともとは英国軍向けのウェリントンブーツ(軍用長靴)を生産する小さな会社でした。

2000年代に入り、女優等がおしゃれに履きこなしたことから、世界中でヒットします。

ハンターといえば「オリジナル・グリーン・ウェリントンブーツ」が有名です。

ダイアナ元英国皇太子妃が愛用していることで英国民から愛されるブーツになりました。

抜群のフィット感は職人の手作業による賜物です。

野外フェスなどにおしゃれに履いていくのであれば、定番のロングタイプをオススメします。

ハンターの顧客層は20代から30代が全体の7割をしめます。

ここ数年女性の愛好家が増えていますが、もとは男性用です。

もともとは英国軍ご用達のブーツ一筋ですが、近年はラインナップも充実しています。

また、ハンターにとってはイギリス、北米に次ぐマーケットが日本なので、日本人向けのモデル開発も積極的に行っています。

若者には崩れすぎますがスーツにテイラードコートにあわせる「黒のオリジナルトールブーツ」はハンターだからこそできるコーデです。

艶感のあるきれいなゴム素材ですが、ドレスシューズのような存在感だからできるのです。

「ウェルズリー・ジョッパーブーツ」であれば、若いサラリーマンでも安心してスーツにあわせて履けます。

ソールの滑り止め加工は逸品で、撥水性や耐久性は当然抜群です。

サイドゴアタイプの「オリジナルダークソール・チェルシーブーツ」もビジネスシーンでの使用にオススメです。

究極は、「オリジナル・ペニーローファー」かもしれません。

本来雨の日にはローファーは靴下まで濡れやすいので敬遠されがちですが、ハンターならバッチリです。

艶感も普通のローファーにしかみえません。

もちろんソールは特殊滑り止め加工でバッチリです。

ビジネス利用で初めてのレインブーツ購入ならば、ハンターは間違いなしということです。

まとめ

レインブーツ メンズ ビジネス

長らく「ゴム長」という扱われ方で、魚屋のおっちゃんが履いているイメージしかなかった雨靴。

小学生が履いている長靴のイメージでレインシューズを考えてしまうかもしれません。

営業マンはドコドコ音がするゴム長を履いては外回りできません。

ところが近年の長靴は、驚くほどの進化をとげているのです。

ハリウッド女性がレインブーツをおしゃれに使い始めたのをきっかけに、様々なタイプ・素材が開発されています。

もちろん色使いも黒だけではなく、他の色も出てきました。

初めてのレインブーツで迷ったならば、ハンターはオススメです。

値段はそれなりにしますが、丈夫で安心です。

老舗ブランドの持つ防水性と堅牢性は、安物とは比較にならないほど高く、これ一つで雨の日も雪の日も十分です。

仕事には履いていかないというならば、ハンターのシリーズの中でもワークブーツみたいな「レースアップ」もおしゃれですし、「バイカー」もコーデしやすいレインシューズのひとつです。

ビジネススーツなどは、きちんとしたものを購入して手入れをし、長い時間使う方法があります。

逆に、安いもののなかからそれなりのものを探し出して、定期的に買い換える方法もあります。

スーツと同じように、レインブーツは自分をよりよく見せるアイテムですから、しっかり考えて購入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です