プログラミング教室に通う大人が急増中!人気の理由を徹底調査

プログラミング教室 大人

大人がプログラミングを学習する動機としては、仕事のスキルアップということがよくあることなのかもしれません。

IT関連の仕事についているからプログラミングスキルが必要だということなのか、それとも今後転職するときにIT系を希望しているから必要なのか、その「意気込み」は人それぞれでしょう。
動機はさておき、IT時代の昨今、知っていて損をする知識ではありません。

ここでは、大人がプログラミング教室を選ぶときに注意して欲しいことをまとめてみました。

特にお子さんと一緒に教室に通ってみようと考えているケースであれば、参考にしていただけると思います。

プログラミング教室に通う社会人10人に聞いた!こんな教室がおすすめ

プログラミング教室 大人

たくさんある教室の中からどんな教室を選んだらよいのかわからない。

ちょっと調べるだけで、本当にたくさんの教室があります。

独学できるwebページもありますから、本当に迷います。

 

でも、一番大事なことは、どのスタイルを選ぶにせよ、学ぶ目的・目標を持つことなのです。

プログラミングを学ぶ人たちの9割が途中で挫折してしまうそうです。

多くは「ただなんとなく、流行だから始めた」という人たちなんだそうです。

 

目標・目的を設定して、ひとつずつクリアしていけば、こういうことは少なかったかもしれません。

そういう意味では、カリキュラムがしっかりしている教室に通うことが効率的・効果的ということになります。

 

目標・目的が決まったのであれば、それを可能にする言語・コースがある程度決まってくるはずです。

「とりあえず」ということであれば、web上の無料ガイドもあります。

流行の言語でいうと、java ScriptやPythonなどが人気のようです。

 

また携帯のアプリを作る教室もあるようです。

繰り返しますが、大事なことは「自分のやりたいことをはっきりさせておく」ということだと、プログラミング教室に通う私の友人たち10人が口をそろえて言っています。

 

ここからは、学校選びと似たような視点になるでしょう。

教室講義式がよいのか、マンツーマン方式がよいのか。

教室に通うことがよいのか、オンラインがよいのか。

もちろん、費用も重要な要素です。

 

これまでの習い事の経験を思い出してください。

どの方式であればしっくり来るのかを思い出してください。

 

社内での必要スキルであったり、転職希望である場合であれば、結果が重要な要素です。

つまり、その教室が卒業後にどういう結果を出しているかは調べておくことです。

コース終了後に就職支援をしてくれるかなどということも重要になることがあるということです。

これも入学するに際しての目的・目標がはっきりしていれば、教室を選ぶ際のチェックポイントになっているはずです。

プログラミング教室は小学生にも人気!親子で学べる魅力も

 

プログラミング教室 大人

夏休みの自由研究でロボットを作ったりということが、最近は多くなってきました。

小さい子供たちの間でもプログラミングは普通になってきているようです。

 

子供の習い事の1つとして、親子でプログラミング教室に通うという方法もあります。

ゲーム製作というプログラミング世界を通じて、子供と一緒に論理的思考訓練・問題解決能力の向上・英語の習得などを学ぶことが出来ます。

 

親子教室であれば、親子の時間を割く必要がありませんから、お母さんにも理解してもらえますね。

また、子供たちがプログラミング自体に興味がわいて、引き続き学習していけば将来へのスキルにつながります。

子供の習い事には「向き・不向き」がありますから、親子で始めてから様子を見ることで、その後本格的に取り組ませることも可能です。

 

子供たちの間でのプログラミング教室は、一番人気はゲーム関連のコースです。

ゲームを通じてプログラミング言語を理解するコースもあれば、ゲーム自体を作っていくコースもあります。

大人向けの「専門用語の羅列」ではなく、実践に基づいた授業なので、子供たちにとっては実際に作業することが楽しいらしく人気です。

 

2017年3月、文部科学省は新学習指導要領で小学校でのプログラミング必須化を発表しています。

若者たちが携帯だけで生活し、社会人になるまではPCに触ったことがないということが問題視されています。

このこともあって、現代社会では小さいころからのPCスキルは重要と考えられていると推測できます。

まとめ

プログラミング教室 大人

プログラミングをある程度理解するのには、300時間くらいの学習が必須といわれます。

きちんとした教室に通うならば、それ相当の授業料もかかります。

 

通うことが前提であれば、会社や自宅から通学しやすい立地条件を満たさなければなりません。

オンライン教室であれば、帰宅後の時間がどれだけ確保できるのか、独りで継続する意思が持ち続けられるのかということがポイントになるはずです。

 

まずは具体的な目標・目的を作ること。

携帯アプリを作る、ということだけではなく「どんなアプリか」ということまで突き詰めてからはじめることが重要です。

 

親子で参加する場合も、教室に通うことをお勧めします。

他人にリードしてもらうほうが、親子関係を良好なまま保つことが可能です。

自宅で親子だけでということだと、親子バトルに発展する危険性がある、ということです。

 

いかがでしょうか。

「プログラミング教室」「初心者」「親子」などというキーワードで検索すると、本当にたくさんの情報が集まります。

それだけ流行しているということです。

流行に惑わされず、ぜひご自分にあった教室選びをしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です