楽して痩せる!納豆ダイエットの方法とその成功例とは!?

どんなことでも、ラクチンという言葉は素敵です。

意識して一生懸命努力ということは素晴らしいことですが、どうしても強い意志が必要です。

モチベーションがしっかりしていて、必要に迫られたら頑張りますが、そこまでではないならば誘惑に負けてしまいます。

夏には肌を露出する機会も増えるし、仕事後の飲み会も定期的にある。

そんな20代前半の女性としては、意識せず素敵なボディーを手に入れられたら良いなと思わざるを得ません。

世の中には様々なダイエット方法があって、流行があって、あれもこれも試したけれどやっぱり「続かない」ということが多かったのでは?

食べ物系は飽きてしまうことも多いし、運動系はもともと苦手だし、ということも。

ダイエット成功例は検索すると色々出てくるけど、イマイチだなあ、と思っているのであれば、こちらも参考にしてみてください。

今回は、「楽チン」「簡単」「短期間」をキーワードとしたダイエットについて調べてみました。

女優の上戸彩さんが、映画「あずみ」の撮影に入るときに「痩せろ」といわれたそうです。

白米が大好きで毎日2人分のお弁当を食べていた16歳のときのこと。

まだ若いから摂取量と比較すれば消費量も相当あったはずなのに、直前のTBSドラマ「金八先生」出演時はたしかにふっくらとした優しい顔つきでした。

「あずみ」のときの上戸さんはキリっとした顔つきになっていました。

忍者が幸せそうな顔ではマズイですものね。短い時間でかっちり痩せたということです。

その秘密は、上戸さんは白米をやめて、納豆を主食に変えたそうです。

一日9パック食べていたとか。

白米を豆腐に変えたり、カリフラワーに変えたりするのは、よく聞く話です。

実は白米にはカロリーしか含まれていません。

他の栄養素は磨き落とされてしまっているのです。

この納豆というダイエットの救世主が、凄いのです。

理化学研究所招聘研究員の辨野義己先生は腸内細菌学の第一人者です。

先生の研究では腸内に「デブ菌」がたくさんいると、この「デブ菌」が身体に栄養を余計に溜め込む性質を作ってしまうとのこと。

そして納豆菌が、この「デブ菌」を減らす効果があるということです。

先生の研究には痩せる効果が期待できるヨーグルトなどに含まれる乳酸菌もありますが、乳酸菌の多くは胃酸で腸にたどり着くまでに死滅してしまうものも多いそうです。

納豆菌は胃酸にも強くて生きたまま腸に届き、腸内調整もするのでお通じにも効果があり、結果ダイエット効果は抜群なんだそうです。

身体を調整するという面では、夜に食べるのがオススメだそうです。

納豆の摂取により満腹感が得られるため、食事量も減らせ、結果摂取カロリーが減るという仕組みだそうです。

身体を修復するのは夜。

そして身体を修復する材料がたんぱく質です。

これも納豆には多く含まれているのです。

つまり、納豆を中心にした朝昼夜の食事をして、特に毎食野菜と納豆を多くするのが、納豆ダイエットのコツなんだそうです。

ダイエットを断念しがちな人へ!スープダイエット驚異の効果とは!?

簡単なダイエット成功例とは、結局摂取エネルギーを少なくすればよいわけです。

運動などを増やせれば消費エネルギーが増えるわけですが、現実は難しい。

ジム通いは格好良いけれど、お金がかかる。

見栄だけで終わってしまいがち。

誰にも知られずに「家の中でこっそり」とできる食事方法がベストなわけです。

納豆のほかにも「糖質」「脂肪」の摂取を抑えることで、急速に体重を減らす方法が「スープダイエット」です。

食物繊維をたくさん摂取し、腸内環境を改善します。

これによって便秘などの改善効果に期待できます。

血液サラサラにつながり、新陳代謝が向上します。

免疫力の向上にもつながります。

レシピは簡単。

材料を切って、柔らかくなるまで煮込むだけです。

味付けは油や砂糖を使わなければアレンジ何でもありなんだそうです。

豆乳ベースにしたり、コンソメキューブを使っても良いそうです。

どうしても油が欲しいときはごま油かオリーブオイルを大さじ1杯程度に抑えましょう。

肉なども脂が無いものを使用します。

牛でも鳥でも良いのですが、体重が落ち始めるまでは野菜と果物だけの食事にしたほうが良いそうです。

また夕食は最初にスープをしっかり食べて、食欲を落ち着かせると食べ過ぎない身体になります。

食事は、約20分程度で満腹信号が発生するという有名な話があります。

このため、よく噛んで、ゆっくり食べると食べ過ぎないということがいわれています。

スープダイエットのコンセプトは、ここにあるわけです。

身体を暖め新陳代謝を促進させ、痩せやすい状態にする。

満腹感を体験させ、食べすぎを防ぐという仕組みです。

まだ間に合う!?短期間でダイエットを成功させた人の実例まとめ!

短期間で効果が期待できるダイエット方法は、運動などよりは食事制限が最も効果があるようです。

納豆やスープのほか「糖質制限ダイエット」も有名です。極端な糖質制限は栄養失調になるので、バランスをとることが大事です。

同じ理論で「プチ断食」も短期間での効果が期待できます。

半日から3日間は水やお茶、スムージーだけしか口にしないダイエット方法です。

元の生活に戻すときに、胃に負担がかからないように「おかゆ」から食べ始めるなど、身体のことをしっかり知ってから取り組む方法で、専門家の指導の下に行うのがベストといわれています。

断食に似ている方法ですが、「8時間ダイエット」という方法もあります。

これは一日24時間のうち、口に食べ物を入れるのは8時間以内という制限をする方法です。

残りの16時間は糖分などの栄養が入っていない水やお茶、ブラックコーヒーなどしか口にしない方法です。

その他の成功例としては

「間食をやめる」
「スムージーダイエット」
「おかゆダイエット」

などがあります。

いずれも食べすぎなどの「過剰摂取」を防ぎ、食物繊維などで腸内環境をよくするということを意識した方法です。

まとめ

たとえば二の腕を細くしたいなど、身体の部分を痩せさせたいのであれば、専門のトレーナーについてもらって「運動」で痩せるしかありません。

体重を落としたい、おなか周りをすっきりさせたいということであれば、食事療法は短時間でも効果があります。

栄養失調でふらふらしてしまったら、仕事にも影響が出るはずですのでオススメは絶対にしません。

あくまでも健康的に痩せるべきです。

まずは、一日の食事(間食も含めて)をリストしてみましょう。

口に入れたものをすべて写真にとって夜にまとめなおすという方法でもよいと思います。

そこで糖質量や脂肪量などを考えて、適量摂取かどうか考えてみましょう。

短期集中ダイエットは最後の手段。

本当は毎日の食事に気をつけて、長期的に身体をキレイにしていくのが理想です。

それが体調不良も引き起こさず、身体に無理のない方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です