こたつ布団は クリーニングよりもセットで買い直す方がお得?

こたつ 布団 おしゃれ

冬限定のこたつ布団。

冬だけに使うとはいえ、寝具の布団よりは汚れてしまいます。

きちんと手入れをして、次の冬までしまっておきます。

最近おしゃれで安いこたつ布団をたくさん見かけるようになりました。

今まではクリーニングに出していたけど…、

金額によっては、買い替えも有りですよね。

毎年のことなので、ここでこたつ布団について考えてみましょう。

こたつ布団を安く買えるお店はどこだ??
クリーニングとどっちがお得?

こたつ 布団 おしゃれ

こたつ布団は寝具の布団よりも汚れます。

汗や臭いもですが、食べ物飲み物のシミなど、気をつけているつもりでも汚れてしまっています。

こたつ布団は1シーズン終わると、クリーニング、コインランドリー、家で洗濯と手入れの方法があります。

この大きな布団の汚れをしっかり落とすことから考えて、クリーニングで考えます。

コインランドリーと家で洗濯もできるといわれていますが、防臭、抗菌や完璧な乾燥など限界があります。

クリーニングに出すことと一緒に「買い直し」も考えてみましょう。

こたつ布団がお安く手に入る有名店だと、「しまむら」、「ニトリ」になります。

デザインも豊富ですし、5000円弱から手に入ります。

またほかホームセンターなどの日替わりや週末などの特売で4000円前後で購入できます。

セットだと6000円代からあるんです。

広告をチェックして他店とくらべてみましょう。

こたつ布団の一般的なクリーニング代

こたつ布団(掛け)3000円~4000円
こたつ布団(敷き)2000円~3000円
材質、サイズや防ダニ加工などで料金は変わってきます。

クリーニングを選択

▪ もともとのこたつ布団が高額のもの
▪ デザイン、肌触り、あたたかさなどとても気に入っている点がある時
▪ 新しく購入するこたつ布団で気に入ったものがないとき

買い直しを選択

▪ もともとのこたつ布団が5000円未満の安価なもの
▪ こたつ布団のデザインを新しくしたいとき
▪ あたたかさ、肌触りなど、持っているこたつ布団に物足りなさがあるとき

※こたつ布団の処分

買い直しを選んだ時は、こたつ布団の処分が必要になります。
こたつふとんの処分方法は、「粗大ごみ」に分類されますので、料金と手間がもかかります。
各自治体の処分方法を守って出すことになります。
燃えるゴミに出すときは、小さく切ってゴミ袋に入れることになりますが大きさと手間から現実的ではないですね。

こたつ布団の長方形型は
サイズが大きいと困ることが!?

こたつ 布団 おしゃれ

こたつに対してこたつ掛け布団のサイズですが、
床にピッタリのサイズだと
やはりあたたかい空気が逃げてしまいますので、
床についてから20センチくらい余るサイズにします。

こたつ本体のサイズ   適応こたつ布団サイズ(厚掛け)
75×105cm      185×235cm
80×120cm      205×245cm

もし、適応サイズ以上の大きなサイズにすると、
使っていない時でもこたつ布団の余りが床を覆うことになって、
見た目にもおかしいですね。

また、普通にこたつに入った時に、余分な布団を抱え込むことになってしまいます。

こたつ布団の種類は3タイプあります。

特徴は次のようになります。

こたつ布団:厚掛け

○ 厚みがあるので断熱性が高い
○ 中の熱を逃がさないので保温性がある
× ボリュームがあるのでこたつで食事をするときに邪魔
× 洗濯、保管が大変

こたつ布団:薄掛け

○ こたつで食事をする際に邪魔にならない
○ こたつの中で身動きがしやすい
○ 洗濯保管など扱いやすい
× 厚掛けに比べると保温性が低い

こたつ布団:省スペース(四隅の中綿を抜いてある)

○ 部屋のスペースをとらない
○ かさばらないので洗濯保管しやすい
× 薄掛けのタイプが多く厚掛けのものが少ない

まとめ

こたつ 布団 おしゃれ

買い替える時は布団の処分も頭に入れておきましょう。

クリーニング代も各クリーニング店で違うので比較して下さい。

冬物のセール期間を利用するのもお得ですね。

「しまむら」「ニトリ」他、防臭抗菌やあたたかい素材など、
機能的なこたつ布団を手頃な価格で販売しています。

毎年冬に登場するこたつ布団は
もともとの金額と、デザイン、またお気に入り度、などを考えて
クリーニングか買い直しするか決めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です