FX初心者がすっごく気になるリスク 知って恐怖を取り除こう

FX

FXとは、外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)のことです。

簡単にいうと資金をFX会社にあずけて外国通貨の売買をしてもらい、売り買いするときに生じた差額を利益として受け取るということです。

FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来します。

海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多いです。

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されて、ひまわり証券や豊商事などが取扱いをはじめたのが最初です。

株などの、一種のギャンブルのような投資の形態のために、その仕方によっては非常に高いリスクを負います。

このため、実際の取引にあたっては十分な知識や経験を要するといわれます。

本気で稼ぎたい人たちは、市場の動向を24時間365日の間、常に監視しておく必要があるといわれています。

昔はモニターを何台も並べて、グラフが刻一刻と変わっていくのを眺める必要がありました。

いまはネットの革新により、人工知能 (AI) に基づく自動売買機能を持った個人向けアプリケーションソフトウェアが開発されていて、初心者でも場合によっては高い収益を上げることが可能になっているといわれます。

副業としてFXを始めてみようと思っている、または始めてみたヤングサラリーマンも多いと思います。

FX初心者が陥るリスクや成功につなげる鍵を調べてみました。

必見!! FX初心者が知っておくべき 大事なルール

FX

FXを始めるには

「FXの口座」
「資金」

の2つがあれば始められます。

FXで利益が生じることを簡単に説明すれば、1ドルが100円のときに1ドルを買い、1ドルが120円になったときに売ると、20円の利益が生じるということです。

初心者が押さえておくべき3つのルールがあります。

手数料(スプレッド)がある

1つ目は「手数料(スプレッド)がある」ということです。

FXのレートは売値(Bid)・買値(Ask)の2つの金額が表示されます。

この「売るときと買うときの差額」をスプレッドと呼びます。

この値は急激な為替変動があったときになど、頻繁に変わることがあります。

また、スプレッドはFX会社によっても異なります。

通貨単位を使う

2つ目は「通貨単位を使う」ということです。

多くのFX会社には最低取引が出来る「通貨単位」というものがあります。

いろいろな国のお金を扱うので、いちいちドル・リラ・マルクなどとできないということです。

例えば1ドル=100円のとき、1通貨とは100円分の取引のことを指します。

多くのFX会社では最低取引通貨を1000通貨や10000通貨としています。

通貨ごとに特徴が異なる

3つ目は「通貨ごとに特徴が異なる」ということです。

当然といえば当然ですが、それぞれの国と日本とのつながりや、その国の情勢などで通貨価値は変動します。

初心者向きの通貨もあれば、リスクの高い通貨もあるということです。

これは、実際に取引をはじめてみたり、勉強してみないと感覚がつかめません。

FX初心者に一番高い壁は、専門用語になれることです。

使われている専門用語をしっかり勉強しておくことが重要です。

いまはWEB上にもFXの仕組みを簡単に説明しているものがあるので、ある程度知識を押さえてからFX会社を探すとよいでしょう。

さらに、疑問な点を相談できるFX会社を選ぶことも重要です。

FX取引のルールで疑問があれば、いつでも相談に乗ってくれる会社を選びましょう。

fx 初心者 本FX初心者必読!プロのトレーダーが厳選したFX入門本3冊

誰だって最初はFX初心者!! 少額からFXの仕組みを学んで成功に繋げよう

FX

1000通貨単位でFXを始めるときの資金としては、4000円から10000円で始められます。

さらに最近では100通貨単位から始められるFX会社も登場しています。

最初から本格的に取り組もうとして失敗してしまうケースはあとを絶ちません。

勉強せずに始めた人たちの95%が損をしているというデータもあります。

こうしたことから、初心者は少額から始めて、取引になれることが重要といわれるのです。

株やFXはギャンブルと表現されることがあります。

たしかに一攫千金が狙えるものです。

ただし、単なる賭け事との大きな違いは、勉強することで結果が変わる可能性が高いということです。

仕組みを学び取引に慣れていくことで、リスクを経験したり利益を出したりしていきます。

これらは、いきなり何万円もの資金でやるのではなく、10000円程度の資金から始めればよいということです。

まとめ

FX

働き方改革のなかに大きな軸ともなった「副業」という言葉があります。

会社によっては、副業を認める会社も存在するようになりました。

その「副業」のなかで、FXは手間のかからないものとして人気があります。

携帯アプリで、24時間取引が可能である気軽さが人気の原因です。

株にはない「レバレッジ」という最大25倍までの係数をかけて取引することも可能なので、成功すれば25倍の利益を作ることもできますが、25倍の損失を計上してしまうリスクもあるのです。

そのことを十分に理解してから、始めるべきものであるということがわりました。

実際には本当に手軽に始められ、少額出資でローリスク・ローリターンのみを狙っていくことも可能なFXです。

これから始めようとしている方はきちんと勉強してから、既に始めて少し困ってきた人はFX会社に相談して、上手に運用してみてください。

fx 初心者 本FX初心者必読!プロのトレーダーが厳選したFX入門本3冊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です