今まで損していませんか?本の買取のおすすめ方法

漫画でも情報誌でも文庫本でも新書でも、気がつくと山積みになっていることはありませんか?

もう一度読み返すことがあるかもしれないと、本棚に入れておいたり、段ボール箱の中に入れておいたりしていませんか?

でも気がつくと、とんでもない量の本に囲まれていたりしませんか?

今は「自炊」といって、本をバラバラにしてスキャナーで読み取りデジタル化して保存することも定番となっています。

この方法だと場所も取らず読み返そうとした時に本を探しだすことも簡単です。

もう読み返すことはないだろうという本は、どうしら良いでしょうか?

公民館や図書館に寄付するということも良いことではありますが、少しでも小銭が稼げたらなあと思うことがあります。

大量に本を抱えていて、少しでもお得な売り方を考えている人のために、本の買取について調べてみました。

古本屋に売りたい本を持ち込んで、メガネをかけた親父さんがシゲシゲと本の状態を調べ、最後にボソっと「10円かな」というようなものが、古本屋に本を売りにいくというイメージではありませんか?

もちろん今でもこうしたお店は全国各地に健在です。

特に特殊な本、例えば専門書やマニア本などは専門に扱っている古本屋へ持ち込んだほうが高く売れることが多いようです。

ところが今は、宅配買取業者が便利です。

宅配買取業者のサイトに行って、本についているISBNという本の識別番号などを入力すると、だいたいの買取価格などを提示してくれます。

その見積もりに納得したら申し込みをし、本をダンボールに詰めて宅配業者に来てもらうという仕組みです。

しばらくすると正式な査定結果がでて、入金されるという仕組みです。

何より便利なのは、古本屋に出かけずに済むことです。

そして大量の本の買取をしてくれることで、一瞬にして山積みの本がなくなることです。

少しずつ本を抱えて古本屋にでかけて行く時間を考えれば、とても便利なシステムです。

ネットで「本」「買い取り」と検索すると様々な情報が出てきます。

携帯アプリなどもありますので、調べてみましょう。

正式な査定が出た後「返却」してもらうことも可能です。業者によって買い取り金額は違います。

1円でも高く売りたい!本の買取価格最新事情

どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思うのが当然の気持ち。

とはいえ、買取価格は本当にいろいろです。

本の状態に左右されるのは当然のことですし、流行の本であったり、売り込むお店の求めているものに合致しているか、していないかなど、様々な要因が関係していきます。

宅配買取業者は便利なシステムなのですが、一括での扱いのため特に高く売れるであろう本も、そうではない本もあわせての見積もりになってしまいます。

お店への持ち込みが高く買ってもらえるのは今も昔も変わらないのです。

便利さをとるか、1円でも多く回収したいか。

悩むところです。

調べてみると、次のような手順を踏めば「納得できる価格」での買い取りとなるでしょう。

参考にしてみてください。

「ネットオフ」

まず「ネットオフ」の「買取キャンペーン」を確認します。

キャンペーン中ならば申し込みをします。

「高価買い取り情報」

次にネットオフの「高価買い取り情報」を調べます。

もしこの情報に売りたい本がリストされていれば利用します。

「ポストにポン買取」

「ポストにポン買取」という1冊ごとに高価買取が可能なので、これを利用します。

「ブックオフ」

次に、近所の「ブックオフ」に持ち込みましょう。

できれば複数のお店で比較します。

査定してもらう時に「他の店と比較したいので、査定後いったん返却してください」と頼んでください。

そのなかで、最も高価買取をしてくれる店で申し込みをします。

最後に「ブックオフオンライン」の「高価買取リスト」を調べましょう。

該当する本が20冊以上あれば申し込みます。

要するに、高価買取の本があれば上手にネット情報を活かして売ること。

高価買取対象外の本が大量にある場合は、急ぎなら「ブックオフ」の店舗に持ち込むこと。

急ぎではない場合は、「ネットオフ」が不定期に開催する高価買取キャンペーン実施を待って利用するというのが、1円でも高く売るコツということがわかりました。

本を買取される前に知っておきたい気になる口コミ

買い取り業者についての口コミ情報で多かったのは「連絡の丁寧さ・迅速さ」に関する情報でした。

高価買取をうたっているところは、当然それが期待されているわけで、業者間でも競争があるわけです。

価格以外にも「これがよかった」と感じる点は、「連絡」についてであるということです。

例えば、ある業者は買取価格を1冊ごとにきちんと説明してあり、買い取り不可の本については、それについても簡単な説明まであったそうです。

また別の業者では連絡は問い合わせをするまでなく、買取価格も良いとは言えないものだったということもあったそうです。

価格について調べてみると、同じ本を使って買い取り価格比較をしたサイトがあって、そのサイトによれば買い取り業者によっては買取価格差が5倍位上ということもあったそうです。

本によっては買取価格が1円ということも、また本の状態に問題があれば買取0円などということも、実際には多々あるようです。

それでも、例えば引っ越しなどのために大量の本を処分しなkればならないときは、時間との戦いの面もあるので、宅配買い取りサービスは便利と思わざるを得ないところもあるようです。

何を中心に考えるか、ということなのでしょう。

業者選びのポイントは「査定額」が当然一番だとしても、

「査定スピード」
「送料やダンボール代」
「明細」
「キャンペーンの有無」
「返送料」

などが重要となります。

はじめて買い取りを考えている方のために、あくまでも参考例ですが買取価格の例を調べておきました。

文庫本の場合、通常作は1円から30円程度です。

人気作で50円から200円ということがあり得るとのことです。

ハードカバーの本の場合、通常作は5円から100円程度。人気作だと100円から300円です。

専門書や学術書の場合、通常作は30円から250円程度。人気作は250円位からとなっています。

高価買取が期待できる本というのは

「ドラマ化や映画化が決まった本、または放送中の原作本」
「なにかしらの賞を受賞した本」
「発売してから数ヶ月以内の本」

の3種類です。

特に発売してから時間が経っていない本は、買取業者も力を入れていて「定価の○%を保証」などというキャンペーンをはることもあります。

査定額が気に入らない場合は、査定に出した本を返却してもらうことになるのですが、多くの買取業者では返却料は売り手の自己負担となっています。

ところが中には返却料が無料のところもあるので、特に時間に余裕があって大量の本を処分したい場合は返却料無料の業者を使って査定額を比較すると納得のできる結果になると思います。

まとめ

ここまで調べてみて、様々な角度からみて「ここならば」と思われる買取業者を10社、リストしてみました。

「Vaboo」
「ブックサプライ」
「ネットオフ」
「gd」
「買取王子」
「ブックステーション」
「ブックオフオンライン」
「リコマース」
「BUY王子」
「学参プラザ」

このなかの「学参プラザ」は参考書などを買い取ってくれる、他とは違う特殊な業者です。

多少の書き込みをしている予備校のテキストや赤本(過去問)なども買い取ってくれるのです。

ただし査定が非常に時間がかかるともっぱらの噂です。

上記にまとめた10社の買取業者でも、様々な違いがあります。

買い取る本の種類も違いますし、同じ本でも買取額が違います。

大量に売りたい本がある場合は、どこに視点をおくのかを決めておいたほうが迷わずに済みそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です