主婦必見!梅雨の洗濯のお悩み解決!意外と知らない乾燥方法とは!?

梅雨 洗濯 乾燥

湿潤温暖気候に属する日本ですから、梅雨とは縁が切れません。

梅雨ならではの悩みといえば、髪がぺしゃんこになったり、洗濯物が乾かなかったり、カビの発生が早かったり、嫌なことばかりです。

様々な工夫・快適便利グッズはありますが、果たしてどのようなものが本当に「使えるもの」なのでしょうか。

まずは洗濯について。

洗濯物が乾くには、水分が完全に蒸発してくれる環境が必要です。

それは
「洗濯機の脱水で十分に脱水してあること」
「気温がある程度高いこと」
「湿度が低いこと」
「風通しが良いこと」

の4点が揃えば早く完全に乾燥できます。

基本の技ではありますが、次の方法を外干しでも部屋干しでも考慮すると早く乾燥します。

「洗濯物の間隔を開ける」
「斜めに干す」
「裏返して干す」
「逆さまにして干す」
「部屋の中央に干す」
「できるだけ天井に近いところに干す」
「干してあるものの下に新聞紙を敷く」
「扇風機を使う」

以上の8点です。

裏技伝授!梅雨の洗濯物の臭い匂いにはこれがオススメ!

梅雨 洗濯 乾燥

部屋干しをすると、独特の臭いが発生することがあります。

最近は部屋干し専用の洗剤や芳香剤などがCMで紹介されているので、それらを試してみるのも1つの方法です。

カラッと乾かない着心地の悪さはもちろんですが、嫌な臭いがすると、タンスに仕舞うにもしまえず困ってしまいます。

生乾きの臭いは菌が繁殖しているためです。

「中鎖アルデヒト」
「ケトン」
「窒素化合物」
「脂肪酸」

などの物質が原因で、洗濯で落ちなかった皮脂や垢などの汚れが変質して独特の臭いを発生させます。

さらに残った汚れを餌にして「カビなどの雑菌」も繁殖して臭いの原因になります。

梅雨の時期は洗濯機にも臭いの原因があります。

洗濯機の裏側にカビが発生している場合が多いのです。

洗濯機の中は洗剤などの残りがカビの餌になってしまい、繁殖を助けてしまいます。

もともと洗濯機が置かれている場所は湿度の高いことが多いので、それも繁殖しやすい原因となっています。

臭い対策のおススメを調べてみました。

まずは「洗濯機の定期的な掃除」です。

これは「洗濯槽クリーナー」と呼ばれる専用洗剤が発売されているので、できれば1〜2ケ月に一度、最低でも年に一度は掃除してみてください。

洗濯槽にクリーナーを入れて放置するだけのことですので、お手軽です。

次に、「汚れた衣類を洗濯機の中に入れない」ことです。

洗濯カゴがない場合、直接洗濯機のなかに入れがちですが、NGです。

汚れ物から雑菌を洗濯槽に移してしまう原因になっているのです。

また「洗濯が終わったら放置せず、すぐに取り出す」ということも、雑菌を増やさないための重要な作業です。

お悩み解決!梅雨でも前髪パーマをしっかりまとめる方法とは!?

梅雨 洗濯 乾燥

スタイリストさんによって、梅雨時期のパーマは賛否両論です。

パーマがかかった髪は濡れるとぺしゃんとつぶれたり、くるくるになったりします。

膨張することもあります。

湿度が高くなると前髪だけはどうにもならないというスタイリストさんがいます。

それでも前髪パーマを梅雨でもまとめるには、どうしたら良いのでしょうか。

「こめかみの部分には強くかけないこと」が基本だそうです。

汗なども含め、この部分に水分が多くなると「強いうねり」がでてまとまらなくなるそうです。

特にダメージヘアや髪質が乾燥しやすい場合だと、どうしても水分を吸収してうねりがでてしまうそうです。

そういう場合は、パーマではなくブローやコテでしっかり巻くほうが良いとのこと。

前髪の中央にだけパーマをかけてもらって、こめかみにうねりが出ないようにしておいてもらうのが一番の方法です。

ストレートパーマをかけることでも解決はしますが、真っ直ぐな髪と引き換えにダメージヘアにもなります。

まとめるには、前髪をしっかりと濡らし、髪の根元からしっかりブローしましょう。

このとき、引っ張りながら行うのがコツです。

前髪を一気にブローするのではなく、少しずつ部分的にドライヤーをあてること。

最後に冷風をあてて、熱を冷ますこと。つまり基本を守ることが大切ということです。

まとめ

梅雨 洗濯 乾燥

梅雨の時期は例えば食中毒なども流行します。

初夏の時期だけではなく、長雨の季節である秋も同じ条件が揃います。

洗濯物も食品も、十分に気をつけなければなりません。

小さいお子さんがいる場合は、より一層の注意が必要です。

熱湯消毒や漂白剤での殺菌などを、こまめに利用したいものです。

雨によって、どうしても部屋の空気はこもりがち。

エアコンも除湿機能がフル活動しているはずです。

エアコンの掃除も、本格的な梅雨シーズン到来前に片付けておきたいものです。

長年の汚れが溜まっているならば、専門の業者に頼むほうが安心かもしれません。

室外機の清掃もお忘れなく。

気持ちが憂鬱になる雨の時期ですが、逆にだからこそオシャレに気を配ってみましょう。

朝、髪型がバッチリ決まったら、お気に入りのレインウエアで買い物へ。

レインブーツなども、この時期だからこそ楽しめると考えれば外出も楽しくなります。

お洗濯も乾燥機があれば梅雨なんてへっちゃら。

日中はお仕事でおうちにいないのであれば、なおさらオススメします。

電気代はかかりますが、朝入れて夕方帰宅すると洗濯物が完全に乾いているのは超ラクチンです。

特にお子さんがいない若いご夫婦であれば、洗濯物の量も限られているはず。

利用価値ありです。

部屋干し用の洗剤も進化して、本当に臭わないものが登場しています。

柔軟剤でも臭いを消してくれるものがあり、上手に使うと楽です。

ただし、旦那様があの「匂い」が得意ではない場合、例えばクエン酸をいれることでも臭い取りになります。

ただし洗剤と一緒にはしないこと。効果がなくなります。

様々な工夫をすることで、鬱陶しいと思われていることが楽しくなることもあります。

一緒に暮らし始めてからまだ時間が経っていない二人には、こうした工夫も後には大切な思い出になります。

梅雨時期の苦労も、明るく笑っていられるようにいろいろ試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です