管理栄養士おすすめ! 離乳食後期の赤ちゃんのための栄養満点レシピ

離乳食

離乳食後期であるカミカミ期(9~11カ月)がやってくると

赤ちゃんが食べられるものが徐々に増えてきます。

味覚も発達してくる離乳食後期の赤ちゃんに食べさせるなら

栄養満点で美味しいものを食べさせてあげたいものです。

でも、育児の傍ら手間のかかる離乳食を作るのは難しいですよね。

そんなお母さんにおススメの食材やNG食材、レシピなどを紹介していきます。

離乳食後期(9~11か月)に食べさせたい食材・NG食材早見表

離乳食後期(9~11カ月)になると歯も生えはじめるので

歯茎でつぶせる程度のやわらかな固形物が食べられるようになってきます。

とはいえ大人が食べる味付けや大きさの食べ物はまだまだNG。

あげる食材にはまだまだ注意が必要です。

離乳食後期に食べさせられるものの目安としては

  • 歯茎でつぶせるようにバナナと同じくらいの硬さ
  • 小さな角切り(5~7mm程度)

と、言われています。

この頃になると栄養補給が離乳食メインに切り替わってくるため

鉄分が不足しがちに。

赤ちゃんに食べて欲しい鉄分豊富な食材

小松菜、ほうれん草、納豆、きな粉、青のり、焼きのり
レバー、赤身の魚

※そのまま与えず、のどにつまらないよう柔らかく煮たり、刻んだり、
とろみをつけるなどしてから食べさせてください。

NG食材

食べ物が食べられるようになってきていても消化器官など身体は未発達。

食材によっては命にかかわるものがあるので十分に注意してください。

  • ハチミツ
  • 生魚
  • チョコレート、アイス、ケーキ等の糖質脂質の高いお菓子
  • エビ、カニ、イカ
  • お餅
  • ハム、ソーセージ
  • ちくわ、かまぼこ、はんぺん
  • コンニャクゼリー
  • コーヒー
  • ジュース、炭酸飲料
  • 香辛料
  • アレルギー食材

基本的に消化の悪いもの、塩分、糖質、脂質の高いもの、硬いもの

アレルギーの原因になりやすいも食材は避けましょう。

アレルギーに関しては医師と相談の上少量ずつ与えるようにしてください。

離乳食に大活躍!だしとスープの使い方とおすすめ献立

離乳食

塩分は控えたくても水で煮ただけの離乳食では味気ない。

せっかく味を覚えていく大事な時期なので

味覚を育てていく意味でも離乳食にだしを使ってみてはいかがでしょう?

だしと一口に言っても色々な種類があります。

ただ、もしもだしを使う場合市販の「顆粒だし」は避けて欲しいのです。

顆粒だしには旨味だけでなく塩分や添加物が多く含まれている場合が多いので

身体が未発達な赤ちゃんにはあまりオススメが出来ません。

ですが、離乳食向けの無添加顆粒だしもありますので

だしを用意するのが難しければ無添加の顆粒だしを

塩分等に気をつけながら使ってみるのもありでしょう。

離乳食初期から

昆布だし 干ししいたけだし 野菜だし

離乳食中期から  

カツオ昆布だし

離乳食後期から

煮干しだし

時期や食材によって大丈夫なだしがわかれてはいますが

料理によって使い方を分ける必要はありません。

赤ちゃんが好んだだしを使った料理を大丈夫な時期に食べさせてあげてください。

以下は、離乳食後期向けのだしを使ったおすすめレシピです

参考 納豆とろろご飯Cookpad 参考 ふわとろつるん納豆素麺Cookpad 参考 ひき肉と野菜あんかけご飯Cookpad 参考 たっぷり野菜と豆腐の味噌汁Cookpad 参考 ひき肉入りオープンオムレツCookpad

まとめ

離乳食

これからどんどん大きくなっていく我が子

その成長が楽しみであると同時に気を遣うことも増えていきます。

そんな中で少しずつでも食べる楽しみを少しでも見出してくれたら

嬉しいお母さんも多いのではないでしょうか。

まずは一口ずつでも、食べる量を増やして

お子さんの食事を楽しいものにしていってあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です