大流行!レインブーツ人気の定番ブランド5選!

レインブーツ 人気 ブランド

近年、防水性はもとよりファッション性が高められた長靴が若い男女の間で流行しているようです。

大流行!レインブーツ人気の定番ブランド5選!

レインブーツ 人気 ブランド

1位は「G&B」

調べてみると人気の定番ブランド1位は「G&B」です。

特にチャッカタイプは革靴のデザインで、ビジネスユーズにも対応できるものです。

2位は「Rubbブローニュ」

2位はレインブーツの定番「Rubbブローニュ」です。

ザ・アウトドアのデザインでありながら、オシャレです。

3位は「HUNTER」

3位は「HUNTER」です。

1856年創業のスコットランドのメーカー。

ハンドメイドなのでお高いですが、長く履き続けられます。

第4位は「アルファインダストリーズ」

第4位は「アルファインダストリーズ」です。

こちらはアメリカの軍事用品調達規格に基づく製品で当然頑丈です。

第5位は「drycell」

そして第5位は「drycell」です。

ショートタイプのデザインは逸品。

スーツに良く似合います。

レインブーツでトレンド先取り!メンズのおすすめ商品とは!?

レインブーツ 人気 ブランド

まずは見た目が「スニーカーのように見えるもの」や「革靴のように見えるもの」が増えています。

そういうデザインであれば、実際には雨が降らないのに履いていたとしても恥ずかしくはありません。

そういう用途であれば「ショートタイプ」がおすすめです。

普段から「安全靴」「エンジニアブーツ」などを履きなれているのであれば、ミディアムタイプでもオシャレです。

カジュアルなファッションにちょうど良い感じです。

またロールアップしたパンツやワイルド系のファッションにも合わせやすいです。

本格的な「長靴」「完全防水」を求めているのであれば、ロングタイプです。

膝下まですっぽり覆うので、歩行時のドロの跳ね返りも安心です。

雪の日やアウトドアにも使えますから、雨や雪が多い地方であれば必需品ともいえます。

流行しているのはサイドゴアタイプをおすすめします。

ショートタイプとミディアムタイプの中間くらいの筒丈が流行中です。

もとはフォーマルタイプからの派生なので、オシャレに作られています。

スリムなパンツには良く似合います。

フィット感を重視するなら、素材は断然「ラバー素材」で出来たものを選びましょう。

防水性や断熱性が高く、寒い日でも足元は温かくできます。

フィット感の高さのために、若干脱ぎにくいかもしれません。

試着するときの一つのポイントになるかもしれません。

レインブーツは1つで良く、長く使いたいということであれば、傷や汚れがつきにくい「PVC・・・塩化ビニル」素材で出来たものをおすすめします。

ほとんどの製品が「継ぎ目が無い」ので、浸水の心配が少ないです。

その他、ファッショナブルなものなら「合成皮革」、また足の蒸れが気になるなら「ゴアテックス」などの素材が流行中です。

デザインと素材の組み合わせで、意外と多くの製品があります。

試着のときは必ず使用シーンを想定してみてください。

レインブーツが流行ってる!?安くてコスパ良しのおすすめ商品一覧!

レインブーツ 人気 ブランド

小学生の頃に履いていた昔ながらのゴム製の長靴は、何かのきっかけで切れてしまうことが多くて、1シーズンもちませんでした。

大人になって、もう足のサイズが変わらなくなったのであれば、スノーブーツやレインブーツは1つで長く使いたいと思うもの。

かといって、安かろう悪かろうでは無駄遣いですし、安くてデザインの悪いものならば近所に履いていくことぐらいしかできません。

安いにも関わらず、オシャレであり、おすすめのレインブーツはないか、調べてみました。

「Shevalues」のレインシューズ

まずは「Shevalues」のレインシューズです。

サイドゴアの足首までのタイプ。

PVC素材で、なんと1000円程度の商品です。

「hellozebra」のショートタイプ

次に「hellozebra」のショートタイプ。

超軽量です。

合成皮革素材で3000円程度です。

同じようにオシャレなショートタイプの「Precthings」はゴム素材の完全防水型でお値段も同じでした。

ショートブーツタイプで長靴には見えないおしゃれな「PlaisteL」も3000円程度。PVC 素材です。

そしてコスパが良い「ERA」のメンズ長靴はシンプルで飽きが来ないこないデザイン。

履きやすくて疲れにくいと話題です。

俳優ご御用達の老舗ブランドであれば、レインブーツといえども数万円のものもあります。

これはこれで、長く使えるものですから損はしないとは思います。

ただ、オシャレに、ということであれば、コスパ最強のものをシーン別に幾つか揃えてみる方が良いのでは?

まとめ

レインブーツ 人気 ブランド

男の子は黒、女の子は赤の長靴。

成長期で足がすぐに大きくなるために、毎年買い替え。

それ以前に、擦り切れたり接着が弱かったりして浸水は当然。

防水のための長靴だったけれども、意味はほとんど無かった、あの頃の長靴。

ウェリントンブーツを起源とする長靴ですが、様々な用途に合わせて、それぞれ進化していきました。

1960年代後半にミニスカート+ロングブーツが流行します。

それにあわせて、ノキアが1967年にロングブーツのようなゴム長靴の製造をしています。

日本では1969年にアサヒゴムが婦人用ロングブーツ型長靴を販売しています。

他社も追随し、ブームとなります。

1978年には銀座かねまつがエナメル革で作った長靴型ブーツを販売。

これが流行します。

長い髪のフェミニンな美青年が女性服・女性用ロングブーツを履くスタイルが流行します。

2005年頃から海外の女優やモデルたちがハンターやエーグルなどのゴム長靴を使い始めています。

アンジェリーナ・ジョリーも長靴姿を映画の中で披露しています。

女装の婦人服モデルのアンドレイ・ペジックがMarc Jacobsの長靴のモデルを務めました。

この頃から、ホットパンツやミニスカートに長靴を組み合わせることが、春夏のオシャレとして定着していきます。

さらに日本ではアウトドアブームや野外フェスなどの流行で長靴が注目され、長靴からレインブーツに進化していきました。

大学に出かける雨の日も、足元が濡れていないのは気分が良いものです。

それが決して長靴ではなく、見た目がスニーカーや革靴、普通のブーツのように見えるのであればオシャレ偏差値が相当高いです。

さらにコスパ抜群のレインブーツをシーンによって使い分けられたら、雨の日でも気分は最高では?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です