難しそうなプログラミングの言語!初心者向けはどれ?!子供にもできる?

プログラミング 初心者

お母さんたちが子供のころは、まだまだコンピューターは値段の高いOA機器で、子供が使うものではなかったものだったはずです。

その後、価格はどんどん下がって一家に一台あるようになり、いまや子供でも使える気軽な家電の一部となっています。

携帯しか触れない若者に対して企業側が警告を発したことから、小学校から表計算やワープロ機能などの基礎PC講座のようなものを始める学校も出てきています。

さらにIT全般に興味が出てきた子供たちは、例えば夏休みの課題で携帯アプリを作ったりしています。

そこで、最近流行のプログラミング言語は何かを調べてみました。

初心者に分かりやすく、子供にも取り組むことが出来るプログラミング言語を調べてみました。

プログラミングが学べる教室、子供向けはココ!

プログラミング 初心者

昔のコンピューター言語は英語が基本であり、文法が理解できていないと動かなかったりしたものでした。

その後、windowsが一般的になるにつれ、ビジュアルBASICなどの直感的に組み立てられるようなプログラミング言語が登場し、それらがさらに発展しました。

初心者向けのコンピューター言語のうち、イチオシなのがScratch

いくつかある初心者向けのコンピューター言語のうち、イチオシなのがScratchです。

Scratchは子供達が可能な限り簡単にプログラミング理論を学習できるような言語であることを重要視して作られたコンピューター言語で、マウスなどを使った触覚的な操作でゲームなどを作ることが出来ます。

文部科学省が2020年には小学生の履修科目にプログラミングを導入すると発表して以来、子供向けのコンピューター教室もずいぶん増えてきました。

多くの教室では体験教室も受け付けていますので、子供と一緒に出かけて楽しい時間をすごしてみることをオススその中でメします。

イチオシなのが「STAR Programming SCHOOLです。」

全国各地で開催している小学生から高校生までのプログラミング教室なので、検索すればお近くの教室が探せるはずです。例えばイトーヨーカドーやイオン等の大型ショッピングセンターの中に教室があるので通いやすいこともイチオシの理由の一つです。

iPadのタッチ操作だけでプログラミングの基礎を学ぶ小学校低学年用コース、Scratchでプログラムを学習する小学校高学年用コース、LEGOを利用してロボットプログラムを学ぶ小学校高学年~中学生用コースの3つのコースが用意されています。

月額は9,000〜13,000円です。

プログラミングの言語に悩む前にそれぞれを比較してみよう

プログラミング 初心者

初心者用のプログラミング言語のトレンドがScratchという言語で、これはネットで調べてみるだけでもたくさんの情報が出てきます。

YOUTUBEには簡単な使い方も紹介されているものがあり、教室に通う前に予習しておくことが簡単に出来そうです。

子供がプログラミングに興味があって、初心者を卒業できそうになればiPhoneやiPadなどのiOSで動くアプリを作ることができる言語のSwiftもオススメです。

また、本格的に取り組んでいくのであれば世界で一番使われているJavaが一番のオススメです。

プログラミング言語は1つの言語をある程度マスターするのに大人でも300時間はかかるといわれます。

子供が週に一度のお稽古事でということになれば、2,3年の時間がかかるのかもしれません。

それでも子供向けに設計されたScratchのような言語であれば興味を失うことも少なく、継続できるようです。

またSwiftのような少し高度な言語に切り替えても、ゲームやロボットを作るという目的が強いモチベーションとなって継続することが出来るようです。

まとめ

プログラミング 初心者

お稽古事の一環としてのプログラミング教室であれば、出来れば長く続けて欲しいものです。

運動系のお稽古事は、アマチュアとプロの間が短くライバルも多くて大変なものもあります。

音楽をはじめとする芸術系のお稽古事は、最後は才能の有無が必要になります。

その点、プログラミングは最初は親子で教室に通うことにしても、いずれ子供だけで世界に飛び込んでいくことが出来て、しかも言語を変えれば際限なく続けることが可能であるお稽古事といえます。

社会人においては既にIT関係の知識は必須の時代ですから、子供の将来への投資としてもプログラミング言語を習得することは重要だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です