妊娠後期に突然腰痛になった人に…

妊娠

妊娠後期なると腰痛に悩まされるお母さんが増えてくるそうです。

お腹が大きくなって姿勢が悪くなることで腰に負担がかかったり

子宮に圧迫されたお腹や骨盤内で血管が圧迫されたり

妊娠初期から分泌されるホルモンの影響だったり

そういった様々な原因で腰痛が起きてしまうと考えられています。

お腹の中で命を育てているお母さんはとても大変で偉大ですね。

赤ちゃんを守りながら腰痛に耐えているのですから。

妊娠後期ともなればその大変さは経験しなければわからないでしょう。

そんな妊娠後期のお母さんを襲うのは腰痛だけなのでしょうか?

妊娠中の出血。痛みを伴う場合は要注意!

妊娠

妊娠中の出血はいろいろな原因が考えられます。

出産をしらせるための「おしるし」であったり

検査器具の刺激で起こる「内心出血」であったり

妊娠後期の便秘から起こる「痔」であったり…

妊娠後期の出血とはいえ、先にあげた出血であるならば

様子をみることもあるでしょう。

身体を休めて赤ちゃんを迎えるための準備をすることもあります。

ですが、その出血に痛みがあったならすぐに病院へ連絡してください。

「出血しているけど量が少ないから」
「我慢できる痛みだから…」

その我慢が危険への一歩となるかもしれないからです。

痛いということはなにかよくないことのサインかもしれません。

切迫早産の可能性もあります。

痛みの大きさに関わらず少しでも違和感があったら

お母さん自身と赤ちゃんのためにも受診してくださいね。

妊娠後期のイライラ…私はこうやって解決しました!

安産祈願

妊娠後期のお母さんがイライラしてしまうのは仕方がないもの。

とはいえ、イライラする自分にまたイライラするのもいやですよね。

イライラの解消方法は人によって違いがありますが

妊娠後期のイライラにはこんな解消法があるようです。

周囲の人に気持ちを打ち明ける

それが出来たら苦労はないと思われるかもしれませんが

胸のうちにためてグルグルするよりも

「私はこういうことにイライラしてしまう」

と伝えた方が気持ちに余裕が生まれますし気持ちも整理されます。

身体に詰まったものを吐き出すとともにおしゃべりも出来るので

まずは周囲の人に話してみてはいかがでしょうか?

軽く身体を動かしてみる

家の中でイライラを抱えているのなお散歩に出てみるのもいいでしょう。

外の空気を吸って歩くだけでも気分転換になりますし

運動不足解消にもなって体力づくりにもなります。

もちろんお医者さんに相談した上でとなりますが

妊娠後期という大切な時期にイライラ解消と体力づくりが

同時に出来るのは嬉しいものです。

好きなことをしてみる

「好きなことをする」というのは思いのほか効果的です。

激しい運動など赤ちゃんに悪影響のあるものは難しいでしょうが

たとえば好きな映画やドラマを観たり、雑誌を読んだり、

そういったことに没頭する時間は心に余裕を与えてくれるでしょう。

妊娠後期はこういうものなんだと割り切ってみる

妊娠とは大変なことです。

何か月と続けた後期ともなればお母さんの負担はとてつもありません。

それだけの期間頑張っているのですから

「イライラしたって仕方ない」
「だって私妊娠中だもの」

命を産むこと以上に大変なことなんてありません。

そんな偉業を果たそうとしている最中なんですから

多少のイライラくらい仕方ないと自分を甘やかしたって

バチは当たりませんよ。

だって、妊娠中なんですから。

そんな風に自分を許すこともイライラ解消には大事なことです。

まとめ

妊娠

妊娠後期のお母さんはとても大変です。

腰は痛むし出血もするしイライラだってしちゃう。

そういった「しんどい」の積み重ねが大きな負担になって

お母さんや赤ちゃんに悪い影響を与えることもあります。

そんなときは家族や周囲の人に「つらいよー」「たすけてー」と伝えて

家族や周囲の人も、お母さんをめちゃくちゃ褒めて労わってください。

そうして協力し合えたらきっと、素敵な出会いが待っていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です