披露宴の時間はどのくらい?みんなの平均時間は?

披露宴 平均 時間

結婚式のための準備って本当にいろいろありますよね。

その中でも結構重要なのが「結婚披露宴の時間」ですね。

当日の主役なのでお色直しなど、結構ばたばたすると思うので、時間の把握はしておきたいですよね!

披露宴の時間っていったいどれくらいか考えたことありますか?

招待されて行ってもご飯食べたり写真撮ったり、余興を見たりしてあっという間に終わっていることって多くないですか?

準備する側となると細かいところまで確認する必要がありますね!

そこで今回は披露宴の時間についてお伝えいたします!

披露宴での余興の時間はどのくらいがベストなのか?

披露宴 平均 時間

余興はコンパクトに短時間で行うのが理想なので、だいたい5分から遅くとも10分以内に抑えてもらうのがベストですね。

当日余興をお願いするのが何組かにもよりますが、1組で新郎新婦参加型であれば15分以内だったらいいと思います。

予定の時間を組んであっても大体時間が遅くなってしまうことが多いので、時間は短いくらいに設定しておくと時間オーバーにはならないでしょう。

遅れてしまうと後からの流れも遅くなってしまいますので時間厳守でいきましょう。

知らなかった?結婚式と披露宴の違い

披露宴 平均 時間

結婚式とは、二人が神様や招待客の前で結婚を誓う儀式のことです。

「私たちは結婚します」と誓い、けじめをつける場ですね。

いっぽう、披露宴とは招待した方に新郎新婦をお披露目するパーティです。

食事やお酒でおもてなしをして余興などでもりあがるのが特徴です。

披露宴では、一般的に招待客から「お祝い」としてご祝儀をもらいます。

ただ、北海道ではご祝儀ではなく、ふたりで設定した金額をもらう「会費制」という披露宴もあります。

最近は北海道以外でも増えているそうなので、選択肢のひとつとして考えてみてもいいかもしれませんね。

だいたい結婚式といえば、披露宴を思い浮かべる人が多いと思いますが、こんな違いがあったんですね。

時間でいえば、結婚式は30分から長くても1時間くらいで終わることが多いです。

披露宴は平均的に2時間~2時間半の式が多いと思います。

あまりに長すぎると招待客もだらけてしまい、せっかくのお祝いムードが台無しになってしまうので注意ですね。

まとめ

披露宴 平均 時間

今回は披露宴の時間、余興の時間、結婚式と披露宴の違いについてお伝えいたしました。

結婚式、披露宴に招待する側だと考えたことのないようなことばかりでしたね。

結婚式の準備、大変だとは思いますが、一生に一度のことなので後悔のないようにしっかり準備していきましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です